シャッタースピード、1/50と1/60の違い

学びの部屋

イルミネーションを撮影していて、カメラの設定は変えていないのに、うまく撮れたりそうでなかったりしたことはないでしょうか?もしくは動画撮影時にイルミネーションがチカチカしていたことはないでしょうか?
これはシャッタースピードを調整することで解決できます。

フリッカー現象

人工の光(イルミネーションや電光掲示板、蛍光灯など)は、実際は点滅しています。ただし目では追えない速さなので、人間には点灯し続けているように見えます。でもカメラは点滅をしっかり認識します。

そのため、シャッターを切ったタイミングが点滅オフのときだとイルミネーションは暗く写ってしまうのです。

そして、その点滅のスピードは東日本と西日本では異なります

動画で撮影する場合は、東京1/50、関西1/60

動画撮影時では、シャッタースピードを早くしてしまうとパラパラ動画のようにカクカクしてしまいます。目にするような動きで撮影したい場合は、東日本では1/50、関西では1/60で撮影すると目にする映像と同じような映像を撮影することができます。

お役に立てれば嬉しいです。

シャッタースピード、1/50と1/60の違い | シンプルシンプルデザイン
https://www.simplesimplesdesign.com/article/1-50-1-60/