元号のjsonファイルを作ってみた

制作ブログ

制作経緯

4/1 新しい元号が「令和」と知る。これまでの元号って何だろうとWikipediaで調べる。
4/2 ある海外の方が「令和の前って江戸時代とか縄文時代、弥生時代のこと?」と聞かれ説明できず。のちほど、英語では、時代(period)と元号(imperial era name)と区別できることを知る。
4/4 Wikipediaの情報をベースにコンテンツを作ることにする。
4/5 公開。

衝撃だったのは元号の数。令和まで250個もある!

記事公開

公開場所に迷ったが、個人ブログで公開することにした。
大化から令和まで、すべての元号 | たびのとブログ

コンテンツ制作手順

  1. Wikipediaでどんな情報をピックアップできるか確認する
  2. どんなデザインにするかざっくりイメージする
  3. Wikipediaからhtmlごとコピペする
  4. デザインをスタティックでHTMLとCSSでざっくり作る
  5. コピペした実データをJavaScriptを使ってデザインに当て込んでみる
  6. 必要な表示要素の確定とデザインを整える
  7. JavaScriptで生成されたHTML部分を記事にコピペする
  8. CSSを記事にコピペする
  9. 完成

工夫したのは、時間軸で表現したこととよみがなをひらがなではなくローマ字にしたところ。

大化から令和まで、すべての元号 | たびのとブログ

jsonファイルを作ってみる

需要あるかは謎だけど、せっかくなので作ってみました。
GitHubで公開中 taketake2145/japanese-era: 元号一覧

これをゴニョゴニョしてhtmlを生成して、html部分を記事にコピペしたのが下記のページです。

大化から令和まで、すべての元号 | たびのとブログ

元号のjsonファイルを作ってみた | シンプルシンプルデザイン
https://www.simplesimplesdesign.com/article/api-japanese-era/