カメラネタ

カメラ初心者がαに出会ったとき

いよいよ2020年7月29日(水) 13:00に、α7S 3の詳細が発表される。
これをきっかけに、カメラをはじめる人もいるはず。

そんな方に向けて、Sony αシリーズの歴史を、さらっと表面を辿ってみたい。

「α(アルファ)」のはじまりは1985年ミノルタが発売したα-7000。
そこから、α7S 3 にたどり着くまでに35年の月日が流れることになる(スゴイ)。

簡単にぼくのα歴。
2010年頃にはじめて購入したのがα33。それからα55、α57、α58と発売時期に買い続け、α57に戻る(なんでワンランク上のカメラを最初に購入してそれを使い続けなかったのか...)。その後しばらくカメラ離れしたが、2018年にカメラ熱復活してα7 III を購入。さらにサブ機にα7を追加購入(α7III を全然使わなくなったので、これはやばいとα7 をなくなく手放す)。

フィルムカメラとデジタルカメラ

学生だった当時、使い捨てカメラで写真を撮ってはコンビニで現像をお願いして後日受け取りにいく。ぼくにとってのカメラはそんな存在で、よくあるスタイルだった。
2000年前後にはパソコンブームがやってきて、様々なことがデジタル化していき、そんな最中、デジタルカメラが登場した。

αとしては、ミノルタ時代のフィルムカメラ(1985 - 2004)、2003年コニカとミノルタがコニカミノルタとして経営統合し、ソニーと共同開発でデジタルカメラを発売(2004 - 2005)、コニカミノルタの経営不振で人材はソニーが受け入れ、2006年αはソニーに譲渡された。

αはミノルタからソニーへ。カメラはフィルムからデジタルへ。

コンパクトカメラと一眼カメラ

デジタルカメラを大別すると、コンパクトデジタルカメラ(通称コンデジ)と一眼デジタルカメラがある。

違いは、レンズを交換できるかどうか。

ちなみにαシリーズにはコンデジはない。αシリーズはすべてレンズ交換式。一眼カメラ。

一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラ

一眼カメラには、一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラに大別できる。

一眼レフ派とミラーレス派に分かれたり、どちらも認めていたり、この辺りは人それぞれの好みではないだろうか。

音楽で例えるなら、レコード時代、CD時代、デジタル時代と進化してもそれぞれの良さがあるように、フィルム時代、一眼レフ時代、ミラーレス時代と進化してもそれぞれに良さがある。

とはいえ今後主流となるのは、ミラーレス、と言って過言ではないと思う。

APS-Cと35mmフルサイズ

Sonyの場合、ミラーレスには、APS-Cとフルサイズに分かれる。
ちなみに、オリンパスやパナソニックの場合、マイクロフォーサーズというタイプもある。APS-Cとフルサイズの違いについては、下記が参考になる。
https://www.sony.jp/msc/owner/recommend/alens/sensor_apsc_ff/?s_pid=jp_%2Fichigan%2Ffeel-focus%2F_sensor_apsc_ff

APS-Cは、フルサイズに比べ、軽量でコンパクトで、価格もリーズナブル。
フルサイズには、ASP-Cでは表現できない繊細さ、ダイナミックさ、奥深さがある。
素人なぼくにはそれを「なんとなく」としか表現できないし、たとえばそれぞれで撮影した2枚の写真を並べて、どちらで撮影したかを見分ける自信はない。

それでもぼくはフルサイズのα7IIIを購入した。

なぜ、ASP-Cではなくフルサイズを選んだのか。
フルサイズ機を手にすることで、素人から本気で脱出したい気持ちをカタチにできた喜び。カメラ性能を言い訳にできなくなったのと、ちょっとした優越感というか自己満足を得ることができた。
なにより所有感は半端ない。
ASP-Cにしておけばと思うことも正直あるが、それは予算を考えたときのみ(一眼カメラは別途レンズを用意することになるのだが、ASP-C用レンズとフルサイズ用レンズでは価格も変わってくる)。とはいえ、α7IIIとレンズを下取りにすれば、ASP-CとASP-C用のいいレンズを揃えることができるのに、しない。
それが答えだ。

そんな魅力の詰まったフルサイズ。Sonyには4種類のフルサイズミラーレス機がある。

Sony αシリーズ、4種類の35mmフルサイズミラーレス

35mmフルサイズミラーレスには、大別して、α7シリーズとα9シリーズがある。そしてα7シリーズは3種類(無印、Sシリーズ、Rシリーズ)あり、計4種類となる。

  • α9 シリーズ
  • α7 シリーズ
  • α7R シリーズ
  • α7S シリーズ

α9 シリーズは、フラッグシップモデル。αシリーズの最高峰。
α7 シリーズは、標準モデル。通称「無印」と呼ばれる。
α7R シリーズは、高画素モデル。ポスター印刷やハイクォリティな写真をプリントアウトしたいときに威力発揮する。
α7S シリーズは、高感度モデル。暗いところでも明るく撮影ができる。

発売時期と価格

現在でも、α7R 以外は、ソニーストアで新品購入できると知って驚いた(Apple製品みたいに型落ちはどんどん店頭から消えていくイメージがあったから)。

発売日 モデル名 型番 ソニーストア 初値 差額
2013/11 α7 ILCE-7 109,868円 134,806円 24,938円
2013/11 α7R ILCE-7R  
2014/6 α7S ILCE-7S 230,868円 223,499円 -7,369円
2014/12 α7 II ILCE-7M2 142,800円 184,559円 41,759円
2015/8 α7R II ILCE-7RM2 219,800円 426,590円 206,790円
2015/10 α7S II  ILCE-7SM2 273,768円 407,149円 133,381円
2017/5 α9 ILCE-9 438,768円 484,910円 46,142円
2017/11 α7R III ILCE-7RM3 362,868円 359,522円 -3,346円
2018/3 α7 III ILCE-7M3 252,868円 223,295円 -29,573円
2019/9 α7R IV ILCE-7RM4 438,900円 387,827円 -51,073円
2019/11 α9 II ILCE-9M2 599,500円 539,550円 -59,950円

最後の列の差額ですが、「マイナス」については、発売してから値崩れしていないということ。プラスについては、後継機やら性能を加味して、値崩れしているということ。

ソニーストアは2020年7月時点での価格、初値は価格コムを参考。

最近の記事

favicon.icoをWordPressの管理画面からアップロードできない→ wp-config.php を一時的に修正

いつもは直接アップロードしているので気にしていなかったが、WordPress管理画面のメニュー「メディア」からfavicon.icoをアップロードしようとした・・・

WordPress

Sony α7SIII、ついに公式発表!

2020年7月28日 23:00。ついに、α7SIIIがはじまる。次々と発表される機能に思わず声を上げることもありながら、物欲は上昇していく。 公式Yo・・・

カメラネタ

「楽天モバイル+楽天ひかり」で、スマホも家のネットも一年月額無料!

一年前まで「LINEモバイル+Softbank光」という組み合わせで通信環境を整えていた。スマホと家のネットで5,0000円未満に抑えることができて大満足だっ・・・

徒然なままに

カメラ初心者がαに出会ったとき

いよいよ2020年7月29日(水) 13:00に、α7S 3の詳細が発表される。これをきっかけに、カメラをはじめる人もいるはず。 そんな方に向けて、So・・・

カメラネタ

EOS R5 / R6。Sony α7無印シリーズと価格で比較してみた

キヤノンのR5/R6が発表されて2日。ぼくの脳はもう完全に冷静を取り戻しつつある。 いろんなYouTuberさんたちの「全財産投げ打ってでも買う!」宣言・・・

カメラネタ

キヤノン、EOS R5 / R6 正式発表!

2020年7月9日午後9時。 事前にリークされていた通りの、R5/R6の正式発表があった。コロナの影響もあるのか、大体的ではなくこじんまりとした感じで、・・・

カメラネタ

Sonyから超広角12-24mm F2.8 G-Masterレンズ発表! SEL1224GM

何このレンズ!!この前玉たるや。美しすぎるッ!! F2.8通しの超広角ズームレンズ 正直、24mmより広角はもういいかなという思いがどこかにあった・・・

レンズネタ

SONYからVlogに特化したカメラ登場 VLOGCAM ZV-1

(キャプチャは公式サイトから勝手に拝借) あまりカメラに詳しくないけど、スマホ並みの簡単な操作でクオリティの高い動画を撮影したい。 2020年5月・・・

カメラネタ

2019年夏から2020年GWまで

2018年は体調を崩し2度の入院生活を余儀なくされ、2019年は自宅療養しつつ、小規模な案件を無理ない範囲で案件をいただきながらの生活をしていた。結果として2・・・

徒然なままに

PayPalの決済ボタンを設置してみた

ぼくが作ろうとしたのは「コインを購入してもらって、そのコインをコンテンツ内で利用してもらう」というもの。 PayPalの決済ボタンを設置するには、大きく・・・

お仕事・制作日記

人気の記事

iframeの高さを自動調整する

iframeで呼び出した際、iframe自体はスクロールさせずに高さを取得してiframe全体を表示させます。 サンプル:iframeの高さを自動調整するデモ・・・

JavaScript

overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更する → scrollTop scrollLeft

まずはサンプル。 これは、overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更するサンプルです。 これは、overflowをautoにした要素のスクロ・・・

JavaScript

背景画像の拡大・縮小 → background-size !

W3Cで「モジュール背景とボーダー」について2011年2月15日付けで更新されてますね。 CSS3では、背景画像の幅・高さを拡大・縮小するプロパティが追加され・・・

CSS

WP_Queryを使って絞り込み検索するのにコレは便利!

めっちゃ参考になるページを見つけた。 絞り込みをするたびに色々ググっていたが、これがあればほとんどのことが解決できそうな気がする。 参考: これは便利!Word・・・

WordPress

WordPressのカテゴリー一覧ページでカテゴリー名とスラッグを取得する → get_queried_object()

やりたいこと カテゴリー一覧ページで、そのカテゴリー一覧ページに属する記事一覧を取得するためにループさせるのとは別に、タイトルやカテゴリー別にデザインを変・・・

WordPress

アーカイブページでカスタムフィールドやタクソノミーで絞り込みした状態でリスト表示する

<?php $args = array( 'paged' => 1, 'posts_per_page' => 20, 'post・・・

WordPress

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

フォトショップでは、レイヤーごとに書き出す設定がありますが、イラストレーターにはありません。そこでレイヤーごとにPNGファイルを書き出すためのスクリプトファイル・・・

Illustorator

[連想配列]2つ以上のキーで並び替えをする

2つ以上のキーで連想配列を並び替えしたいときの備忘録。 サンプル配列 var arr = []; arr.push(["5", "4", "たちつて・・・

JavaScript

管理画面のカスタム投稿一覧で並び順を変更する

WordPressの管理画面。「投稿」や「固定ページ」の一覧は、公開日順に並んでいる。ところが、カスタム投稿を追加した場合、公開順ではなく名前順に並んでいること・・・

WordPress

Advanced Custom Fields を使った条件分岐(セレクトボックス、チェックボックス、ラジオボタン、真偽)のテンプレート記述方法

前回、「入力フォームを自由にカスタマイズできる「Advanced Custom Fields」」で基本的なフィールド名を出力方法を紹介したが、今度は条件分岐に関・・・

WordPress

カメラ! カメラ!!カメラネタカメラ初心者がαに出会ったとき | シンプルシンプルデザイン