デザイン思考

「レスポンシブWebデザイン」と「ユーザー視点」

一般的に広まっている「レスポンシブWebデザイン」

レスポンシブ対応でWeb制作することが多くなった。

だがしかし、一般的に使われる「レスポンシブWebでデザイン」というフレーズに違和感を覚えている。
その実態は「ひとつのHTMLファイルで、ビューポートをセットして、CSSのメディアクエリーである横幅サイズをPCとスマホ用の起点として見た目を切り替えること」を指すケースがほとんどだからだ。

本来の「レスポンシブWebデザイン」とは?

本来の「レスポンシブWebデザイン」とは、幅広いデバイス(たとえばスマホやタブレット、デスクトップ)に対して、見た目や操作性が最適化されたウェブデザインの手法のことである。

極端なことを言ってしまえば、メディアクエリを使わずにHTMLファイルを用意して、どのデバイスからのアクセスか判別して出し分けることも、立派な「レスポンシブWebデザイン」のはずだ。

「レスポンシブWebデザイン」の起源

Wikipediaで調べてみた

イーサン・マルコッテは、A List Apartの2010年5月の記事で、レスポンシブウェブデザイン (Responsive Web Design, RWD) という用語 (フルードグリッド、フレキシブルイメージ、メディアクエリを意味すると定義) を新造した。

Wikipedia「レスポンシブウェブデザイン」の記事内から抜粋

なるほど。「メディアクエリ」だけでなく、「フルードグリッド」「フレキシブルイメージ」も含まれてしっくりきた。

イーサン・マルコッテのオリジナル記事を読んでみた

そもそも彼は「デスクトップやスマホだけでなく、それ以外のデバイス別にコンテンツを用意したとして、それらすべてをサポートしつ続けることができますか?」と問題提起している。

その解決手段のひとつとして「メディアクエリ」の利用を提案。

彼は、(当時)デスクトップでの閲覧を想定した固定ではないフレキシブルなデザインだけでは、今後の対応は足りないと危惧。その例としてスマホを取り上げ、メディアクエリーを用いた実装例が紹介されている。

記事元:Responsive Web Design · An A List Apart Article

あらためて「レスポンシブWebデザイン」とは?

重要なポイントは、2つあると思う。

  • 運営側にとって「メンテナンス」が煩雑にならないこと
  • 利用側にとって「見やすい・使いやすい」こと

利用側は、どのように閲覧するかは様々(たとえば、スマホ、タブレット、デスクトップ、印刷物など)であることが前提。

また、イーサン・マルコッテの記事の最後には、こうも書かれている。ユーザーの目的によってはデバイスごとに異なるコンテンツを提供するほうがよいケースもあるかもしれない。それはつまり、「フルードグリッド」「フレキシブルイメージ」「メディアクエリ」のデザイン手法以外のことも考える必要がある、ということだ。

考えたいこと

「メンテナンス」が煩雑しないようにする手段の一つとして「メディアクエリー」が紹介されているわけだが、もし「メディアクエリー」を使わなくても、利用側にとって「見やすい・使いやすい」ことを担保しつつ「メンテンナス性」が向上するなら?
常に課題意識として持ち合わせるべきだと思う。

WordPressのような容易にコンテンツをカスタマイズできるCMSの普及によって選択肢は増えている。

結局、「レスポンシブWebデザイン」って?

イーサン・マルコッテの記事に紹介された「手法」を指すか、「マインド」を指すかで捉え方は変わる。

手法

「フルードグリッド」「フレキシブルイメージ」「メディアクエリ」のデザイン手法を用いて制作すること。

マインド

「幅広いデバイスに対して、運営側・利用側の双方にとって最適化する」にフォーカスし、それを解決すること。

臨機応変に

現場では、スマホでもPCでもそれなりに見えることを「レスポンシブに対応している」と言われる。違和感を感じたとしても、一旦受け入れ、レスポンシブWebデザインとしては「フルードグリッド」「フレキシブルイメージ」「メディアクエリ」の考えを持って返答する。このスタイルがもっともスマートでスペシャルで、みんながハッピーだと思います。

ユーザー視点

どんなデザイン手法を用いたとしても、忘れてはならないのは、それは「ユーザーにとって最適か」どうかということ。

たとえば、iPhoneで考えてみる。iPhone 5/7/7 Plus。それぞれ異なる解像度のデバイスだ。たとえばどのような見せ方が「最適」なのだろう?
解像度が大きいほど情報量を多く見せるのがいいのか、どのデバイスも同じ比率で見せるのがいいのか、とか。縦向き、横向きは?とか。
もちろんターゲット・ユーザーと提供する内容によって、答えは異なる。

あらゆるデバイスや閲覧の仕方にひとつずつ「最適化」しましょう、という話しではなく、費用対効果と運用面に配慮し「ターゲット・ユーザー」を明確にイメージしましょう、ということ。

デザインする場合はもちろん、デザインをコーディングする場合においても、「ターゲット・ユーザー」を意識しながら制作することは、より良い成果物につながります。

最近の記事

項目”Clipy”は開いているため、ゴミ箱に入れることができません。←アンインストールしようとしたときの話し

Clipyが超絶便利そうだったので、macOS Big Sur にインストール&再起動して使ってみた。ところが、command + c を複数の箇所で行い、c・・・

徒然なままに

setTimeout は requestAnimationFrame に変えるべき?

requestAnimationFrame をはじめて見たので調べていたら、setTimeout や setInterval は requestAnimati・・・

JavaScript

書籍「小さなチーム、大きな仕事」からピックアップ

6年ぶりに読み返したが、今なおハッとさせられることが多く見つかる。 この本で忘れないようにしたい項目をピックアップするだけでも役に立ちそ・・・

起業向け情報

書籍「完全網羅 起業成功マニュアル」からピックアップ

この記事では、以前に読んだ際に付箋を付けていたが、その部分だけを備忘録としてピックアップするため、本の要約ではない。実際は、何倍も濃い内容で、練・・・

起業向け情報

書籍「はじめの一歩を踏み出そう」から気になったフレーズをピックアップ

もう一回、全部読み返したいところだが、書籍がありすぎるので、当時付箋紙をつけていたところだけをピックアップ。書籍内ではより具体的な説明があるので・・・

起業向け情報

書籍「起業して3年以上「続く人」と「ダメな人」の習慣」からフレーズ・ピックアップ

この記事でメモしたのは、6年前に独立したときに読んだ箇所に付箋紙をつけていたところで、本の中の一部。起業家資質かどうか知る意味で読んでも面白いと・・・

起業向け情報

書籍「金持ち父さんの起業する前に読む本」を読んで

従業員という働き方ではない道を選ぶ前に読んでおきたい本。独立するときに読んだが、そのときに付箋紙がたくさん付いていたので、その部分を備忘録として・・・

起業向け情報

大きなインパクトを世界に与え続けてきた企業=ビジョナリー・カンパニーに学ぶ

この記事は、名著「ビジョナリー・カンパニー」から見直したいと思った箇所を備忘録として書き記す。 十二の崩れた神話 下記は、ビジョナ・・・

起業向け情報

ビジョナリー・カンパニーの基本理念

この記事は、名著「ビジョナリー・カンパニー」にて、実際のビジョナリー・カンパニーの基本理念が紹介されていたので抜粋。基本理念をつくる上での参考に・・・

起業向け情報

書籍「腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125」には共感要素しかない

書籍では、それぞれの項目について、補足テキストがあるのだが、これがうなずきポイントだらけ。またページレイアウトやタイトルデザイン、写真の選択・・・

デザイン思考

人気の記事

iOS Safariで絶対配置(position:fixed)して惰性スクロールしてもロックしない、フリーズ回避方法

iPhoneやiPadで position: fixed; で絶対配置したエリア内をスクロールするとき、最上部をより上にスクロールしようとしたり、最下部をより・・・

JavaScript2021年4月28日

WP_Queryを使って絞り込み検索するのにコレは便利!

めっちゃ参考になるページを見つけた。 絞り込みをするたびに色々ググっていたが、これがあればほとんどのことが解決できそうな気がする。 参考: これは便利!Word・・・

WordPress2018年10月11日

Instagram API を使ってインスタに投稿した画像データを取得する

インスタに投稿した画像を自動でホームページでも更新されるようにしたい。もっとも簡単に実現する方法を紹介する。 公式リファレンスInstagram・・・

API2021年2月22日

overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更する → scrollTop scrollLeft

まずはサンプル。 これは、overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更するサンプルです。 これは、overflowをautoにした要素のスクロ・・・

JavaScript2017年7月19日

iframeの高さを自動調整する

iframeで呼び出した際、iframe自体はスクロールさせずに高さを取得してiframe全体を表示させます。 サンプル:iframeの高さを自動調整するデモ・・・

JavaScript2015年3月17日

WordPressのカテゴリー一覧ページでカテゴリー名とスラッグを取得する → get_queried_object()

やりたいこと カテゴリー一覧ページで、そのカテゴリー一覧ページに属する記事一覧を取得するためにループさせるのとは別に、タイトルやカテゴリー別にデザインを変・・・

WordPress2019年2月11日

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

【2020年07月13日】 macOS Catalina(10.15.5) / Adobe iLLustrator 2020(24.2.1) にて動作確認済・・・

Illustorator2018年2月2日

配列の重複を削除する

配列の場合 /** * 配列の重複を削除する * * @param {array} ary* * @return {array} 処理後のary・・・

JavaScript2020年12月14日

favicon.icoをWordPressの管理画面からアップロードできない→ wp-config.php を一時的に修正

いつもは直接アップロードしているので気にしていなかったが、WordPress管理画面のメニュー「メディア」からfavicon.icoをアップロードしようとした・・・

WordPress2020年8月4日

http://localhost:8888/ → http://localhost/

http://localhost:8888/ での参照ではなく、http://localhost/ で参照できるようにします。 MAMPの設定を変更する M・・・

MAMP2015年2月3日

コメントありの記事

えっ!?Yahooの検索結果から遷移しようとしたら全く違うサイトにリダイレクトされてしまった...

「>前田さん コメントありがとうございます。 環境は分かりかねますが、修正したいファイルのパーミッションを604や644に変更すると書き込みできるようになりま・・・」

お仕事・制作日記

Sony Eマウント フルサイズ対応のカメラレンズを収集するページを作ってみた

「レンズ情報追加しました 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports 超望遠レンズ。一本は持ってみたい!」

お仕事・制作日記

記事の投稿IDなどの投稿者(ユーザー)情報を取得する方法 → get_the_author_meta

「アバターを取得する「get_avatar」についても追記しました!」

WordPress

jQueryでformを操る【nameの値を取得する/クリアする】

「「値をクリアする」を追加しました。チェックボックスやラジオボタンの値を何も選択していない状態に戻すときについて触れています。」

JavaScript

iframeの高さを自動調整する

「>匿名さん コメントありがとうございます。 サンプルでは、beforeは何も処理していないので期待する表示にならない、で正解です。 クリックした後が、対応・・・」

JavaScript

Instagram API を使ってインスタに投稿した画像データを取得する

「コメントに嬉しいお言葉、ありがとうございます!」

API

MAMPでMySQL Serverが突然起動しなくなった時 → ログファイル削除

「(匿名)さん コメントありがとうございます。何も設定変更していないのに、それまで使用できていたサーバーが突然使えなくなるのは辛いですよね、、。 ここで紹介したや・・・」

MAMP

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

「コメントありがとうございます! そもそもできるかはわかりませんが、ソースを書き換える必要はあります。 下記記事などが参考になるかもしれません。 illustra・・・」

Illustorator

05_各種キーワードツール

「公開から14年振りの更新w デッドリンクを削除しました。ツール系は「SEO対策に役立つ便利ツール」に集約します。」

SEO

WP_Queryを使って絞り込み検索するのにコレは便利!

「「特定の「タイプ」に関連付けられた投稿を表示する場合」を一つの場合を追記し、複数の場合と分けました。」

WordPress

思考と学びデザイン思考「レスポンシブWebデザイン」と「ユーザー視点」 | シンプルシンプルデザイン