参加セミナー・イベント

Sass(CSS Nite LP32)

講演者
(敬称略)
Why Sass? :谷 拓樹(サイバーエージェント)
CSSがもっとラクに書ける!これから始めるSassの書き方:柴田 大樹(アンコピ)
Sassにもっと便利な機能をプラス! Compassを使ってラクしましょ♡:黒野 明子(crema design)
Sass/Compassの導入と環境構築:森田 壮(ソウラボ)
コピペで使える!変数とmixin!:坂巻 翔大郎(ピクセルグリッド)/ 山田 敬美(ピクセルグリッド)
Sass/Compass よくあるトラブルと解決方法・回避方法:西畑 一馬(まぼろし)/ 木村 哲朗(まぼろし)
Sassの日常の運用:富田 梓(LINE)
HTMLテンプレートの設計:高津戸 壮(ピクセルグリッド)
開催日
2014年2月15日
場所
ベルサール九段
CSS Nite LP32: Sass

基調講演 Why Sass?

なぜ、あえてSass?

潜在意識として、
デザイナー視点では、Sassは不要に感じている。
プログラマー視点では、CSSは貧弱に感じている。



Sassは何をしてくれる?

Sassは、CSSをより強力にするための言語で、Rubyでできている。
と聞くとRubyに無知な自分にとっては、難しいイメージだが恐れるに足らず。従来のCSSの書き方で問題ない(Sass バージョン3から)。

Sassはどうやって使うのか?

拡張子は、.sass or .scss
↓ コンパイル(変換)
.css

なぜ、Sassを選ぶのか?

ほかにも、less / stylus とかもあるけど、なぜSass?

  • 日本語ドキュメントが多い
  • 安定している
  • compassというフレームワークがある

Sassはただのツール

コンパイル後のCSSを想像してSassを書く
コンパイル後のCSSが汚い場合は、Sassの書き方に問題あるということ

CSSがもっとラクにかける!これから始めるSassの書き方

なぜSass? → ラクに書けるから

入力の手間を省く

  • 共通のセレクタ (心の声)うーん、クラス完結させていつも書いているから、現状そんなに手間じゃない。
  • 同じ値(ささいな色もカラーの値は変数化しておくといい)ちょっと便利かも。でも一括置換でいいんじゃね!?
  • 同じプロパティと値(mixin と include)mixin class名を並べればいいんじゃね!?お? @mixin の引数に変数を追加できるだって?ちょっとやばい。
  • セレクタのグループ化@extend 一見よさそうだけど、上書き用であればそれってどうなの?そうじゃないよね。

CSSをまとめる

複数ファイルが一つのファイルになるのは、すごい!

計算できる

色の微修正、いいね!グラデとかもできて、反転とかもできるといいな。

Sassにもっと便利な機能をプラス!Compassを使ってラクしましょ♡

compassって何?

Sassだけではできない機能がセットになっている。

  • 便利なMixin集
  • vendor prefixes
  • CSS Sprite
  • data URI scheme

その他のたくさんの機能はCompass Helpersで確認。

CSS Spriteとdata URI schemeはとくに感動したッ!これだけでCompassを取り入れる価値あるッ!

Sass/Compassの導入と環境構築

導入方法は、他サイトや教則本を参考にするとして、衝撃だったのは、その手軽さ。セミナー内で環境をインストールし、コンパイルしてCSSファイルを出力できた!


コピペで使える!変数とmixin!

かわいいからすべて許せる内容でした。
お友達になりたいわー。

Sass/Compassよくあるトラブルと解決方法・回避方法

導入の障害を乗り越える方法

クライアントに環境がないときはどうする?

  • 調整用のCSSファイルを別途用意する
  • コンパイル後のCSSファイルを直接さわってもらう
  • がんばって使ってもらう

いずれにせよディレクションのお話

SCSSファイルって納品するの?

原則として納品する

文字コードが非UTF-8

回避方法がある。

Sass/Compass の御法度

ネストの多用

ネストが深すぎると・・・これはひどい
ネストは3階層まで、とルール付けをして制限をつけるといい。

extend の多用

運用面で破綻してしまいがち・・・これはひどい
クラスやmixinをつかう

ただし、mixinは、extendとは違いサイズ要領が大きくなるので、扱い注意。

@media の中では @expand はつかえない

IE9 以下では4,095個までしかセレクターを認識しない

そもそもそんなにセレクターを書いている時点で設計がまずい。

うまく運用するために

  • メンバーを思いやる
  • 使用方法をコメントに記す
  • 関数もおなじ
  • スプライト画像の肥大化
    画像を使いすぎるとスプライト画像が肥大化する
    iPhoneのSafariではおおよそ500万画素以上のGIF/PNG/TIFFは表示できない
    Androidは機種による

    スプライト画像を分割するなど一枚にあつめすぎない
    できるだけ画像を使わない
    アイコンをフォント化

かゆいところに手がとどく

  • Compassで複数のファイルに書き出せる
  • スプライト画像のファイル名を綺麗にできる(キャッシュバスター)
  • スプライト画像コンパイル時のプラグインをchunky_png から oily_png にする

「次」へのステップ

レスポンシブルなWebデザインを容易に作る Bootstrap / Foundation /Bem

バージョン管理 bundler

Gruntでもっと便利に(Compassより柔軟)

Sassの日常の運用

LINE株式会社での導入事例をサンプルに、職種や環境、技術レベルの異なる複数の作業者がかかわる環境で、どのように導入し、運用を続けているかを、紹介していただいた。

2011年6月から実用できるかを検査が始まり、実用できると判断後はチーム全体で導入の開始が始まり、現在は問題点のフィードバックとライブラリへの反映を行っているとのこと。
詳細はLINEのエンジニアブログに紹介されていて大変興味深い。 LINE Engineers' Blog NAVERでのSassの使い方


HTMLテンプレートの設計

compassを導入する際には、設計をしっかりしておく必要がある。そうしないと運用が破綻しかねないので注意が必要だ。
そんな中で3つの概念モデルを紹介していただいた。

OOCSS(Object Oriented CSS)

オブジェクト指向っぽく考えて整理しよう。

レイアウトに依存したCSSはダメ(なぜなら上書き合戦となるから、もしくはコピーしなければいけないから)

レゴみたいに考える

スキン(共通項目を一つのモジュールに)

BEM(Block Element Modifier)

BEMというワードは、いろんなケースで使われその意味が変化するが、ここではクラス名のこととして説明。BEMでは、クラス名の命名規則を厳格にしているのが特徴。

ややこしく、クラス名が長くなるデメリットがあるが、設計思想 / ルールの統一ができるのは大きなメリット。これを導入することで得られる4つのポイント。

  • 高速な開発が可能
  • プロジェクトの寿命を延ばせる
  • チームによる実装を可能に出来る
  • コードの再利用を可能にできる

SMACSS(Scalable and Modular Architecture for CSS)

CSSルールを5つに分ける

Base サイトのデフォルトスタイルを定義する
Layout サイトレイアウトの枠組み、およびそれを調節するための仕組み
Module レイアウトの中にモジュールをいれていくサブクラス(OOCSSのスキン)
State 状態ルール(BEMのクラス名ルールと同じ)
Theme  

セミナーに参加してみて

もともとSASSに対しては、現状にまったく問題がないのに、なんでCSSファイルを生成するためのSCSSというステップを踏む意味があるのか、そもそもSASSを使うための学習は無駄ではないのか、という否定的な考えでした。
そんな中で「絶対便利だから」と言われただけでは納得できなかったので、今回だまされたと思って、このセミナーに参加することに決め、その分、とても楽しみにしていたセミナーでした。

実際に参加してみて、SASSのメリットしているところに懐疑的になる部分もありましたが、圧倒的に便利な部分もありました。すなわち導入した方がいいッ!という結論に至りました。LINEでの導入実例を参考に、まずは個人レベルから始めたいと思います。

最近の記事

ES6(ES2015)の主な変更点

オブジェクト指向 クラス定義 JavaScriptは厳密にはクラスがない、プロトタイプベースのオブジェクト指向言語。ES6でclass構文が導入さ・・・

JavaScript

JavaScriptスタイルガイド

書籍「メンテナブルJavaScript」と Google JavaScript Style Guide 和訳 を参考に自分なりのJavaScriptスタイルガ・・・

JavaScript

投稿を公開したときに指定したページにアクセスする

この記事では「管理画面で投稿やカスタム投稿の公開ステータスを更新したときに何かしらの処理をする」方法の備忘録です。 functions.php を修正し・・・

WordPress

ローカルフォントをWebフォント指定する

Google Fonts はとても便利だが、適用するまでの遅延が気になったので、同様の効果をローカルにあるフォントを利用して実現させる。 事前に用意する・・・

CSS

[ソフト] Web font用のwoff、woff2にフォントを変換する無料サービス

WOFFコンバータ ダウンロードhttps://opentype.jp/woffconv.htm 以下、リンク先の「概要」を抜粋。 フォント・・・

CSS

JSON

JSON.parse() 配列とオブジェクトのリテラル記法を組み合わせた文字列をデータとして取り扱えるようにする。 // JSONデータ let ・・・

JavaScript

いろいろな判定

真の場合。偽の場合は、!== を使う。 プリミティブ値の判定 文字列の判定 if (typeof a === 'string') {} ・・・

JavaScript

Custom Post Type UI で 投稿画面にタクソノミー が表示されなくなった場合 → REST API

数ヶ月前、WordPress本体をバージョンアップして、エディタがガラリと変わった。その際、それまでサイドナビに、Custom Post Type UI(CP・・・

WordPress

なるほどデザイン

書籍「なるほどデザイン」を読んだときにメモしたノートが出てきた。3, 4年前に読んだ本。テキストのみで備忘録として残しておくが実際はイラストと合わせ・・・

デザイン

グーグルの考えるデザインガイドライン

使えるデザインになっている?→ デザインは正しいインプットによって、人の暮らしや夢を助けるツールサクサクと動く、機能するデザインになっている?→ デザインが機・・・

デザイン

人気の記事

overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更する → scrollTop scrollLeft

まずはサンプル。 これは、overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更するサンプルです。 これは、overflowをautoにした要素のスクロ・・・

JavaScript

iframeの高さを自動調整する

iframeで呼び出した際、iframe自体はスクロールさせずに高さを取得してiframe全体を表示させます。 サンプル:iframeの高さを自動調整するデモ・・・

JavaScript

WP_Queryを使って絞り込み検索するのにコレは便利!

めっちゃ参考になるページを見つけた。 絞り込みをするたびに色々ググっていたが、これがあればほとんどのことが解決できそうな気がする。 参考: これは便利!Word・・・

WordPress

http://localhost:8888/ → http://localhost/

http://localhost:8888/ での参照ではなく、http://localhost/ で参照できるようにします。 MAMPの設定を変更する M・・・

MAMP

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

【2020年07月13日】 macOS Catalina(10.15.5) / Adobe iLLustrator 2020(24.2.1) にて動作確認済・・・

Illustorator

背景画像の拡大・縮小 → background-size !

W3Cで「モジュール背景とボーダー」について2011年2月15日付けで更新されてますね。 CSS3では、背景画像の幅・高さを拡大・縮小するプロパティが追加され・・・

CSS

アーカイブページでカスタムフィールドやタクソノミーで絞り込みした状態でリスト表示する

<?php $args = array( 'paged' => 1, 'posts_per_page' => 20, 'post・・・

WordPress

Advanced Custom Fields を使った条件分岐(セレクトボックス、チェックボックス、ラジオボタン、真偽)のテンプレート記述方法

前回、「入力フォームを自由にカスタマイズできる「Advanced Custom Fields」」で基本的なフィールド名を出力方法を紹介したが、今度は条件分岐に関・・・

WordPress

WordPressのカテゴリー一覧ページでカテゴリー名とスラッグを取得する → get_queried_object()

やりたいこと カテゴリー一覧ページで、そのカテゴリー一覧ページに属する記事一覧を取得するためにループさせるのとは別に、タイトルやカテゴリー別にデザインを変・・・

WordPress

カウントアップ、カウントダウンするJavaScript

ポイントを使ったり、増やしたりしたときに、結果のポイント数に差し替えるのではなくて、カウントアップしたり、カウントダウンして動的に動かそうと思って作ってみた。・・・

JavaScript

思考と学び参加セミナー・イベントSass(CSS Nite LP32) | シンプルシンプルデザイン