徒然なままに

いつからフリーを考えていたか

「いつからフリーランスになることを考えてたんですか?」会社を辞める時によく聞かれた質問。「この業界に来たときから、いつか独立したいと思ってたんです」嘘ではないし、その答えで大概納得してもらえていたので、それ以上のことを語ることはあまりなかった。
ただ自分にとってこの答えでは芸がなさすぎるなと思い直し、改めて今ここにある状況に至った経緯をメンタル視点で振り返ってみることにする。

およそ10年前。30歳を迎えるにあたり、フリーター生活を見直しもっと稼いだ働きをしたいと考えた。そのためには手に職だ。もともと考えることやモノを作ることが好きだったので、そんな関係の仕事ができればいいなと思索した。とりあえずデザイン系の専門学校の説明会に参加する。そこでデザインにもいろいろなデザインがあることを知る。その中でも紙媒体を主としたDTPデザインとまだまだ歴史が浅いが昨今注目されているというWEBデザインが気になった。そんな折、当時の小泉政権がインターネットのインフラを強化するニュースを見た。ちょうどその頃、ネット通販にも直接関わりがあり好調であることを体感していた。答えは出た。「WEBデザイン」だ。

企画から公開するまでの一連のフローを専門学校の短期コースで習得した。その間独学を続け、不明点は受講後に、恥ずかしさやプライドは捨て、なんでも講師に聞きに尋ね、貪欲にスキルを吸収していった。デザインをなんとなくではなく、語れるようになるよう取り組んだ。見た目のデザインだけではなく、画面に見えていない内部の作り方までこだわった。いわゆるプロ意識は高かった。
それから就職したが制作側から管理側として期待されるようになったとき、まだ早い、もっと制作したいと考え、その後は派遣社員として経験を積む。実績年数を補うために、いろんなセミナーに参加したり、書籍で学習を続けた。30歳半ばくらいまでは「え?この業界に来て間もないのにそんなにできるの?」と言われることが多く、その度に「それほどでも」「プロとして当たり前」などと謙遜しつつも、鼻は伸びきっておりました。

派遣社員として勤務している間、独立を意識し仕事請負サイトを立ち上げた。リスティング広告を出稿したが、結局問い合わせ数件あった程度で正式受注には至らなかった。仕事しながらの副業はさすがに厳しいかな、と独立の意思はあるものの弱腰になっていた。
そんなときに転機が訪れる。だいたい任される内容+αがを体験したら新たな職場で、というスタンスで、次を検討し始めたときに正社員登用のお誘いがあった。ちょうど同時期に前職場の方からある会社のWeb部門へのお誘いもあった中で、迷った結果、業界的には正社員とはいえ終身雇用という感覚はあまりないことを把握していたから、あまり深く考えるのはやめて派遣から正社員へとお世話になることに決めた。

そこからの数年は自分に与えられた役割を全うすべく仕事をこなした。ちょっと違和感を感じるようになったのは、入社時に描いた数年後の自分がそこにはなかったことかもしれない。「どうすればいい?」と聞かれて自分に答えがないのは致命的だったかもしれない。答えはすでにアウトプットしてきたつもりだったからだ。
時は前後して、仕事に対しての不満が募っていたとき「会社を辞めようと思ったら読む本」という本に出会った。これを読んで逆にフリーを考えるのを辞めた。それまでの自分の思考の甘さを感じた。「自分だったらこうするのに。分かってもらえないんだったら自分でやる」というマインドではダメだってことを痛感した。それは「趣味」と捉えることにした。
時は前後して、正式に会社を辞めようと決めた。その後どうしようか考えたときにフリーという選択肢が浮上した。退職理由を聞かれるのは辛い。現状に満足しているものが退職などするだろうか。何かしらの不満があるから退職するのではないだろうか。その不満を口にするのは嫌だ。
退職理由を正確に答えるなら、その不満に取って換わる次のステージが見つかったからだと思う。退職理由を語るのに不満ではなく、次のステージを語ることは重要だ。実際は、不満な結果と不安と希望のきっかけだ。自分の場合は、不満な部分を含めて話しをしても許される環境にいたことは大変ありがたかった。

結局「いつからフリーを考えていたか」の答えだが、「この業界に来たときから、いつか独立したいと思ってたんです」。

最近の記事

投稿を公開したときに指定したページにアクセスする

この記事では「管理画面で投稿やカスタム投稿の公開ステータスを更新したときに何かしらの処理をする」方法の備忘録です。 functions.php を修正し・・・

WordPress

ローカルフォントをWebフォント指定する

Google Fonts はとても便利だが、適用するまでの遅延が気になったので、同様の効果をローカルにあるフォントを利用して実現させる。 事前に用意する・・・

CSS

[ソフト] Web font用のwoff、woff2にフォントを変換する無料サービス

WOFFコンバータ ダウンロードhttps://opentype.jp/woffconv.htm 以下、リンク先の「概要」を抜粋。 フォント・・・

CSS

JSON

JSON.parse() 配列とオブジェクトのリテラル記法を組み合わせた文字列をデータとして取り扱えるようにする。 // JSONデータ let ・・・

JavaScript

いろいろな判定

真の場合。偽の場合は、!== を使う。 プリミティブ値の判定 文字列の判定 if (typeof a === 'string') {} ・・・

JavaScript

Custom Post Type UI で 投稿画面にタクソノミー が表示されなくなった場合 → REST API

数ヶ月前、WordPress本体をバージョンアップして、エディタがガラリと変わった。その際、それまでサイドナビに、Custom Post Type UI(CP・・・

WordPress

なるほどデザイン

書籍「なるほどデザイン」を読んだときにメモしたノートが出てきた。3, 4年前に読んだ本。テキストのみで備忘録として残しておくが実際はイラストと合わせ・・・

デザイン

グーグルの考えるデザインガイドライン

使えるデザインになっている?→ デザインは正しいインプットによって、人の暮らしや夢を助けるツールサクサクと動く、機能するデザインになっている?→ デザインが機・・・

デザイン

売れるデザイン

書籍「売れるデザインのしくみ」を読んだときにメモしたノートが出てきた。3, 4年前に読んだ本。2009年に出版されたと知って驚き。10年前と言えば、・・・

マーケティング・ブランディング

スタバに学ぶ。

書籍「スターバックスはなぜ値下げもテレビCMもしないのに強いブランドでいられるのか?」を読んだときにメモしたノートが出てきた。3, 4年前に読んだ本。20・・・

マーケティング・ブランディング

人気の記事

overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更する → scrollTop scrollLeft

まずはサンプル。 これは、overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更するサンプルです。 これは、overflowをautoにした要素のスクロ・・・

JavaScript

iframeの高さを自動調整する

iframeで呼び出した際、iframe自体はスクロールさせずに高さを取得してiframe全体を表示させます。 サンプル:iframeの高さを自動調整するデモ・・・

JavaScript

WP_Queryを使って絞り込み検索するのにコレは便利!

めっちゃ参考になるページを見つけた。 絞り込みをするたびに色々ググっていたが、これがあればほとんどのことが解決できそうな気がする。 参考: これは便利!Word・・・

WordPress

http://localhost:8888/ → http://localhost/

http://localhost:8888/ での参照ではなく、http://localhost/ で参照できるようにします。 MAMPの設定を変更する M・・・

MAMP

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

【2020年07月13日】 macOS Catalina(10.15.5) / Adobe iLLustrator 2020(24.2.1) にて動作確認済・・・

Illustorator

背景画像の拡大・縮小 → background-size !

W3Cで「モジュール背景とボーダー」について2011年2月15日付けで更新されてますね。 CSS3では、背景画像の幅・高さを拡大・縮小するプロパティが追加され・・・

CSS

アーカイブページでカスタムフィールドやタクソノミーで絞り込みした状態でリスト表示する

<?php $args = array( 'paged' => 1, 'posts_per_page' => 20, 'post・・・

WordPress

Advanced Custom Fields を使った条件分岐(セレクトボックス、チェックボックス、ラジオボタン、真偽)のテンプレート記述方法

前回、「入力フォームを自由にカスタマイズできる「Advanced Custom Fields」」で基本的なフィールド名を出力方法を紹介したが、今度は条件分岐に関・・・

WordPress

WordPressのカテゴリー一覧ページでカテゴリー名とスラッグを取得する → get_queried_object()

やりたいこと カテゴリー一覧ページで、そのカテゴリー一覧ページに属する記事一覧を取得するためにループさせるのとは別に、タイトルやカテゴリー別にデザインを変・・・

WordPress

カウントアップ、カウントダウンするJavaScript

ポイントを使ったり、増やしたりしたときに、結果のポイント数に差し替えるのではなくて、カウントアップしたり、カウントダウンして動的に動かそうと思って作ってみた。・・・

JavaScript

思考と学び徒然なままにいつからフリーを考えていたか | シンプルシンプルデザイン