制作効率化

Gruntを取り入れてみた

ページ高速化の一つの手段として推奨されるCSS、JavaScript の圧縮。
CSS、JavaScript の圧縮とは、各ファイル内のインデントや改行をすべて取り除くことですが、手動で対応するのはさすがにツライ。圧縮したファイルの修正や更新はもはや狂気沙汰。そこで、通常通りに記述したCSS、JavaScriptをツールで自動圧縮します。
このあたりはエンジニア任せではなくコーディングするWebデザイナーにとっても必要なスキルになったということで遅まきながら取り入れました。

ちなみに、速度に関する情報はGoogleが提供しているPageSpeed Insightsの中のPageSpeed Insights のルールにあります。
ここを配慮に入れたデザインがトレンドになったりもしてますね。

CSSだけならSassで、JSもならGrunt

そもそもSassやGruntってなに?ってことになるけど飛ばします。少なくとも、Sassを取り入れればCSSの圧縮、Gruntを取り入れればCSSとJavaScript の自動圧縮ができるようになります。

Sass以外にもLESS、Stylusがあったり、Grunt以外にもgulpなどいろいろあるらしいですが、Gruntを採用しました(gulpはgruntなみに記事がヒットするようになったら乗り換え考えます)。

前提環境(自分の取り入れた環境)

OS X Yosemite 10.10.2

*Windowsや古いMacは対象外の記事となります。Windowsや古いMacの場合は「Grunt windows」「Grunt ruby mac」でググってもらえるといろんな記事が出てきますのでそちらを参考にされてください。

前置きが長くなりました。いろんなサイトを見つつなんとかできたので、その備忘録。紹介サイトのままコマンドを入力して対応したのでそれぞれの意味はほぼわからず、初めて聞くワードもとりあえずスルー・・参考にされる方は自己責任でお願いします(逆に言えばそんな自分でも取り入れることができました。)。
ちなみにうまくいかないときのキーワードは「sudo」でした。

導入までの流れ

  1. Node.jsをインストール
  2. ターミナルを起動し、Node.jsがインストールされたことを確認
  3. grunt-cli のインストール
  4. Gruntを利用したいディレクトリへ移動する
  5. npm init
  6. Gruntをインストール
  7. Gruntのプラグインをインストール
  8. Gruntfile.js を用意

使ってみる

  1. 圧縮
  2. 自動圧縮
  3. 自動圧縮を終了

1. Node.jsをインストール

公式サイトからインストール。

https://nodejs.org/

公式サイトのインストールボタンをクリックし、ローカルにダウンロード。ダウンロードしたファイルをダブルクリックで起動。指示に従いインストールを完了させる。
# 自分は初期設定を変更することのないままインストールしました。

2. ターミナルを起動し、Node.jsがインストールされたことを確認

ターミナル
node -v

入力後エンター。node.js のバージョンが表示されます(自分の場合は「v0.12.0」と表示されました)。

3. grunt-cli のインストール

ターミナル
sudo npm install -g grunt-cli

入力後エンター。パスワードの入力を聞かれるので、パソコンを起動時に入力しているパスワードを入力してエンター。ちょっとするとターミナルの画面上に文字がばーっと表示されインストールされます。

4. Gruntを利用したいディレクトリへ移動する

ターミナル
cd /Users/mba/Documents/work/web/htdocs/

「/Users/mba/Documents/work/web/htdocs/」は任意。作業ディレクトリ場所を指定します。
「cd (半角スペース)」を入力後、作業フォルダをターミナル上にドラック&ドロップで反映されます。入力後エンター。

5. init

ターミナル
npm init

入力後エンター。なんか聞かれるので、適当に入力、不明点はエンターで飛ばして、最後に「yes」を入力してエンターを押すと、 4.で移動したGruntを利用したいディレクトリ直下に、package.jsonというファイルが生成されます。

6.Gruntをインストール

ターミナル
sudo npm install grunt --save-dev

入力後エンター。パスワードの入力を聞かれるので、パソコンを起動時に入力しているパスワードを入力してエンター。ちょっとするとターミナルの画面上に文字がばーっと表示されインストールされます。また、 4.で移動したGruntを利用したいディレクトリ直下に、node_modulesフォルダが生成され、その中にgruntディレクトリが生成されます。

7. Gruntのプラグインをインストール

ターミナル
sudo npm install grunt-contrib-uglify
sudo npm install grunt-contrib-Sass
sudo npm install grunt-contrib-watch

手順は6と同じ。とりあえず、3つ入れました(uglifyはJavaScriptを圧縮、SassはCSSを圧縮、watichはファイル更新があったときに自動圧縮するプラグイン)。

6.で作られたnode_modulesフォルダの中に、grunt-contrib-uglify、grunt-contrib-sass、grunt-contrib-watichの3つのディレクトリが生成されます。

8. Gruntfile.js を用意

4.で移動したGruntを利用したいディレクトリ直下に、Gruntfile.jsというファイル名のJavaScriptファイルを作成します。

Gruntfile.js
module.exports = function(grunt) {
grunt.initConfig({
Sass: {
options: {
style: 'compressed',
sourcemap: false,
noCache: true
},
styles: {
src: 'sample.css',
dest: 'sample.min.css'
}
},
uglify: {
js: {
src: 'sample.js',
dest: 'sample.min.js'
}
},
watch: {
Sass: {
files: ['sample.css'],
tasks: ['Sass']
},
js: {
files: ['sample.js'],
tasks: ['uglify']
}
}
});
grunt.loadNpmTasks('grunt-contrib-Sass');
grunt.loadNpmTasks('grunt-contrib-uglify');
grunt.loadNpmTasks('grunt-contrib-watch');
};

ファイル名は任意。ルートはGruntをインストールした場所となり、そこから相対パスでファイルを指定します。この例だと、「sample.css」ファイルは「sample.min.css」というファイル名で圧縮され、「sample.js」は「sample.min.js」というファイル名で圧縮されます。

以上で、環境が整いました。

早速使ってみます

Gruntfile.js で設定した内容を実行します。

ターミナルを起動し、Gruntをインストールした場所に移動

ターミナル
cd /Users/mba/Documents/work/web/htdocs/

「/Users/mba/Documents/work/web/htdocs/」は任意。

CSSを圧縮

ターミナル
grunt sass

入力後エンター。Gruntfile.js で設定したとおり、sample.min.css が生成されます。

JSを圧縮

ターミナル
grunt uglify

入力後エンター。Gruntfile.js で設定したとおり、sample.min.js が生成されます。

自動圧縮

ターミナル
grunt watch

入力後エンター。ターミナル上に「Running "watch" task(改行)Waiting..」と表示されます。Gruntfile.js で設定したとおり、sample.cssを更新すれば、sample.min.css が自動生成され、sample.jsを更新すれば、sample.min.js が自動生成されます。

自動圧縮を停止

ターミナル上で、[control] + [c] 。

今回紹介した内容は、実際にできることのほんの触りでしかないそうです。ただ基本の取り入れ方はこれで知ることができたので、次はCSSスプライトの自動化もしたいので、compassプラグインを入れてみようかなと思います。

最近の記事

MAMP を 5.7 から 6.2 にアップデートした

5年以上前と比べると、アップデートが簡単で驚く。とくに記事にするまでもないと思いつつ、一応備忘録。 インストールすると、既存のディレクトリはそのままに別・・・

MAMP

Briefly unavailable for scheduled maintenance. Check back in a minute. → . maintenance を削除

プラグインを更新中に、誤って、違うページにアクセスしまいました。すると、管理画面だけでなく、公開中のすべての画面が「briefly unavailable f・・・

WordPress

GulpでERRが出てテンパった → gyp: No Xcode or CLT version detected! → PostCSS plugin autoprefixer requires PostCSS 8

Gulp。いつもは正常に動いている環境をそのままコピーして再利用するようにしている。そうすることで、案件ごとに毎回環境作りをする手間を省くことができ、何よりG・・・

制作効率化

ビジネス前提ワークシート

書籍「LEAN UX リーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン」から抜粋。 「前提の宣言」「MVPの作成」「実験の実行」「フィードバックとリサー・・・

知識編

リーン思考のUXデザイン

LEAN UX は、コラボレーションと部門/領域横断的な手法によって、製品の本質を素早く明らかにするための実践的手法であり、これによって文書への過度な依存を減・・・

知識編

ES6(ES2015)の主な変更点

オブジェクト指向 クラス定義 JavaScriptは厳密にはクラスがない、プロトタイプベースのオブジェクト指向言語。ES6でclass構文が導入さ・・・

JavaScript

JavaScriptスタイルガイド

書籍「メンテナブルJavaScript」と Google JavaScript Style Guide 和訳 を参考に自分なりのJavaScriptスタイルガ・・・

JavaScript

投稿を公開したときに指定したページにアクセスする

この記事では「管理画面で投稿やカスタム投稿の公開ステータスを更新したときに何かしらの処理をする」方法の備忘録です。 functions.php を修正し・・・

WordPress

ローカルフォントをWebフォント指定する

Google Fonts はとても便利だが、画面に表示するまでの遅延が気になったので、同様の効果をローカルにあるフォントを利用して実現させる。 事前に用・・・

CSS

[ソフト] Web font用のwoff、woff2にフォントを変換する無料サービス

WOFFコンバータ ダウンロードhttps://opentype.jp/woffconv.htm 以下、リンク先の「概要」を抜粋。 フォント・・・

CSS

人気の記事

overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更する → scrollTop scrollLeft

まずはサンプル。 これは、overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更するサンプルです。 これは、overflowをautoにした要素のスクロ・・・

JavaScript

WP_Queryを使って絞り込み検索するのにコレは便利!

めっちゃ参考になるページを見つけた。 絞り込みをするたびに色々ググっていたが、これがあればほとんどのことが解決できそうな気がする。 参考: これは便利!Word・・・

WordPress

http://localhost:8888/ → http://localhost/

http://localhost:8888/ での参照ではなく、http://localhost/ で参照できるようにします。 MAMPの設定を変更する M・・・

MAMP

iframeの高さを自動調整する

iframeで呼び出した際、iframe自体はスクロールさせずに高さを取得してiframe全体を表示させます。 サンプル:iframeの高さを自動調整するデモ・・・

JavaScript

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

【2020年07月13日】 macOS Catalina(10.15.5) / Adobe iLLustrator 2020(24.2.1) にて動作確認済・・・

Illustorator

Advanced Custom Fields を使った条件分岐(セレクトボックス、チェックボックス、ラジオボタン、真偽)のテンプレート記述方法

前回、「入力フォームを自由にカスタマイズできる「Advanced Custom Fields」」で基本的なフィールド名を出力方法を紹介したが、今度は条件分岐に関・・・

WordPress

管理画面のカスタム投稿一覧で並び順を変更する

WordPressの管理画面。「投稿」や「固定ページ」の一覧は、公開日順に並んでいる。ところが、カスタム投稿を追加した場合、公開順ではなく名前順に並んでいること・・・

WordPress

カウントアップ、カウントダウンするJavaScript

ポイントを使ったり、増やしたりしたときに、結果のポイント数に差し替えるのではなくて、カウントアップしたり、カウントダウンして動的に動かそうと思って作ってみた。・・・

JavaScript

アーカイブページでカスタムフィールドやタクソノミーで絞り込みした状態でリスト表示する

<?php $args = array( 'paged' => 1, 'posts_per_page' => 20, 'post・・・

WordPress

WordPressのカテゴリー一覧ページでカテゴリー名とスラッグを取得する → get_queried_object()

やりたいこと カテゴリー一覧ページで、そのカテゴリー一覧ページに属する記事一覧を取得するためにループさせるのとは別に、タイトルやカテゴリー別にデザインを変・・・

WordPress

WEB制作アプリケーション制作効率化Gruntを取り入れてみた | シンプルシンプルデザイン