Illustorator

アウトラインが取られていない → 原因は2つ

Webではなく印刷物のお話。印刷会社から「アウトラインが取られていません」という指摘を連続でくらってしまったので、反省の意を込めて備忘録。

アウトラインが取られていなかった2つの原因

あくまで、自分の場合です。

  1. アウトラインが取れているかの確認方法があることを知らなかった
  2. アウトラインを目視作業でおこなっていたが、一括でアウトラインを取れる方法を知らなかった

無知は怖いです...

それでは気を取り直して、まとめてアウトラインを取り、チェックする方法ですが、その前におさらい。

アウトライン化した際に絶対に忘れてはいけないこと

一度アウトライン化すると、テキスト編集ができなくなります。アウトライン化した後は必ず別名でファイル保存すること。ファイル名は、ファイル名を見ただけで、アウトライン前か後なのか分かるようにしておくのも大事です。
たとえば、
オリジナル: sample.ai
アウトライン後: sample-outline.ai

まとめてアウトラインを取る方法

1. ロックを解除する

  1. レイヤー自体にロックがある場合は、レイヤーのロックをはずす
  2. メニュー「選択」→「すべてを選択」を選択
  3. メニュー「オブジェクト」→「すべてをロック解除」を選択

これで、レイヤーとサブレイヤーのロックが解除されます。
「すべてをロック解除」がグレーアウトされているときは、対象レイヤーのサブレイヤーはすべてロック解除済なので、次のフローへ進みます。

2. アウトライン化する

  1. メニュー「選択」→「すべてを選択」を選択
  2. メニュー「書式」→「アウトラインを作成」を選択

3. 確認する

アウトラインが取れているか確認する方法はいろいろあるらしいのですが、2つピックアップ。

その1
  1. メニュー「書式」→「フォント検索」を選択

表示されるダイアログの「ドキュメントフォント」の項目が何もなかったら問題ありません。

その2
  1. メニュー「ウィンドウ」→「ドキュメント情報」を選択
  2. 開かれた画面の右側にあるメニューを表示し、「選択内容のみ」にチェックが入っている場合は外す
  3. 開かれた画面の右側にあるメニューを表示し、「フォント」を選択

「フォント」の項目に「なし」となっていれば問題ありません。

注意

下記のケースでは、「すべてを選択」→「アウトランを作成」ではアウトラインされません。各別途対応が必要です。

見落としがちなところ

スマートオブジェクトやライブラリでドラック&ドロップしたものは「埋め込み」を行っていない場合、上記の対象外になっていてアウトライン化されません。「埋め込み」を行ってからアウトラインの処理をするか、「オリジナルファイル」をアウトラインする必要があります。

アウトライン化されない文字

  • グラフの中で使用している文字
  • パターンの中で使用している文字
  • エンベロープで変形している文字

個人的には、遭遇したことのないケースなので、対処方法に関しては省きます(参考サイト内で紹介されています)。

これで印刷会社さんからの「アウトラインが取られていません」という手間を省けてみんなハッピー。
印刷会社さん、アウトライン取れてないまま入稿してしまってゴメンなさい。次からアウトラインはバッチリです!

最近の記事

ビジネス前提ワークシート

書籍「LEAN UX リーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン」から抜粋。 「前提の宣言」「MVPの作成」「実験の実行」「フィードバックとリサー・・・

知識編

リーン思考のUXデザイン

LEAN UX は、コラボレーションと部門/領域横断的な手法によって、製品の本質を素早く明らかにするための実践的手法であり、これによって文書への過度な依存を減・・・

知識編

ES6(ES2015)の主な変更点

オブジェクト指向 クラス定義 JavaScriptは厳密にはクラスがない、プロトタイプベースのオブジェクト指向言語。ES6でclass構文が導入さ・・・

JavaScript

JavaScriptスタイルガイド

書籍「メンテナブルJavaScript」と Google JavaScript Style Guide 和訳 を参考に自分なりのJavaScriptスタイルガ・・・

JavaScript

投稿を公開したときに指定したページにアクセスする

この記事では「管理画面で投稿やカスタム投稿の公開ステータスを更新したときに何かしらの処理をする」方法の備忘録です。 functions.php を修正し・・・

WordPress

ローカルフォントをWebフォント指定する

Google Fonts はとても便利だが、適用するまでの遅延が気になったので、同様の効果をローカルにあるフォントを利用して実現させる。 事前に用意する・・・

CSS

[ソフト] Web font用のwoff、woff2にフォントを変換する無料サービス

WOFFコンバータ ダウンロードhttps://opentype.jp/woffconv.htm 以下、リンク先の「概要」を抜粋。 フォント・・・

CSS

JSON

JSON.parse() 配列とオブジェクトのリテラル記法を組み合わせた文字列をデータとして取り扱えるようにする。 // JSONデータ let ・・・

JavaScript

いろいろな判定

真の場合。偽の場合は、!== を使う。 プリミティブ値の判定 文字列の判定 if (typeof a === 'string') {} ・・・

JavaScript

Custom Post Type UI で 投稿画面にタクソノミー が表示されなくなった場合 → REST API

数ヶ月前、WordPress本体をバージョンアップして、エディタがガラリと変わった。その際、それまでサイドナビに、Custom Post Type UI(CP・・・

WordPress

人気の記事

overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更する → scrollTop scrollLeft

まずはサンプル。 これは、overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更するサンプルです。 これは、overflowをautoにした要素のスクロ・・・

JavaScript

iframeの高さを自動調整する

iframeで呼び出した際、iframe自体はスクロールさせずに高さを取得してiframe全体を表示させます。 サンプル:iframeの高さを自動調整するデモ・・・

JavaScript

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

【2020年07月13日】 macOS Catalina(10.15.5) / Adobe iLLustrator 2020(24.2.1) にて動作確認済・・・

Illustorator

WP_Queryを使って絞り込み検索するのにコレは便利!

めっちゃ参考になるページを見つけた。 絞り込みをするたびに色々ググっていたが、これがあればほとんどのことが解決できそうな気がする。 参考: これは便利!Word・・・

WordPress

http://localhost:8888/ → http://localhost/

http://localhost:8888/ での参照ではなく、http://localhost/ で参照できるようにします。 MAMPの設定を変更する M・・・

MAMP

アーカイブページでカスタムフィールドやタクソノミーで絞り込みした状態でリスト表示する

<?php $args = array( 'paged' => 1, 'posts_per_page' => 20, 'post・・・

WordPress

背景画像の拡大・縮小 → background-size !

W3Cで「モジュール背景とボーダー」について2011年2月15日付けで更新されてますね。 CSS3では、背景画像の幅・高さを拡大・縮小するプロパティが追加され・・・

CSS

Advanced Custom Fields を使った条件分岐(セレクトボックス、チェックボックス、ラジオボタン、真偽)のテンプレート記述方法

前回、「入力フォームを自由にカスタマイズできる「Advanced Custom Fields」」で基本的なフィールド名を出力方法を紹介したが、今度は条件分岐に関・・・

WordPress

WordPressのカテゴリー一覧ページでカテゴリー名とスラッグを取得する → get_queried_object()

やりたいこと カテゴリー一覧ページで、そのカテゴリー一覧ページに属する記事一覧を取得するためにループさせるのとは別に、タイトルやカテゴリー別にデザインを変・・・

WordPress

管理画面のカスタム投稿一覧で並び順を変更する

WordPressの管理画面。「投稿」や「固定ページ」の一覧は、公開日順に並んでいる。ところが、カスタム投稿を追加した場合、公開順ではなく名前順に並んでいること・・・

WordPress

WEB制作アプリケーションIllustoratorアウトラインが取られていない → 原因は2つ | シンプルシンプルデザイン