公開日: Illustorator

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

フォトショップでは、レイヤーごとに書き出す設定がありますが、イラストレーターにはありません。そこでレイヤーごとにPNGファイルを書き出すためのスクリプトファイルを用意します。そうすることで、イラストレーターでもレイヤーごとにPNGで書き出すことができるようになります。

ちなみに実施した動作環境は、Mac OS10.13、イラストレーターは CC 2018 です。
(2020年3月、Mac OS10.15、イラストレーター CC 2020 動作確認済み)

この記事で紹介しているファイルをダウンロードできるようにしました。リンクは本文最後に貼っておきます。

1. スクリプトファイルを用意する

エディタツールで下記をコピペしてファイルを作成します。ファイル名はなんでも構いません。ここではググって参考にさせていただいているファイル名と同じ「SaveLayersPNGDefault.jsx」にしています。

SaveLayersPNGDefault.jsx
var folder = Folder.selectDialog();
var document = app.activeDocument;
if(document && folder)
{
var options = new ExportOptionsPNG24();
options.antiAliasing = true;
options.transparency = true;
options.artBoardClipping = true;

var n = document.layers.length;
for(var i=0; i<n; ++i)
{
hideAllLayers();
var layer = document.layers[i];
layer.visible = true;

var file = new File(folder.fsName+"/"+layer.name+".png");

document.exportFile(file,ExportType.PNG24,options);
}

showAllLayers();
}

function hideAllLayers()
{
forEach(document.layers, function(layer) {
layer.visible = false;
});
}

function showAllLayers()
{
forEach(document.layers, function(layer) {
layer.visible = true;
});
}

function forEach(collection, fn)
{
var n = collection.length;
for(var i=0; i<n; ++i)
{
fn(collection[i]);
}
}

2. スクリプトファイルを置く

作成したファイル「SaveLayersPNGDefault.jsx」は下記のフォルダの中に置きます(Adobe Illustrator CC 2018のところは適宜ご自身のバージョンに置き換える)。

/アプリケーション/Adobe Illustrator CC 2018/Presets/ja_JP/スクリプト

ちなみに、Windowsだと下記のようです(未確認)。

C:/Program Files/Adobe/Adobe Illustrator CC XXXX/ja_JP/プリセット/スクリプト

以上で、事前準備は終わりです。

レイヤーごとにPNGで書き出す

  1. イラストレーターを起動し、レイヤーごとにPNGで書き出したいファイルを開きます。
  2. 「ファイル」→「スクリプト」→「SaveLayersPNGDefault.jsx」を選択します。
  3. 保存場所を指定します。

はい、できました!

余談:PNGの解像度を変更する

先ほどの参考にさせていただいたサイトでは、異なる解像度でPNGファイルに書き出すスクリプトファイルも紹介されていました。

SaveLayersPNG200dpi.jsx
200dpiの解像度で書き出す
var folder = Folder.selectDialog();
var document = app.activeDocument;
if(document && folder)
{
var options = new ExportOptionsPNG24();
options.antiAliasing = true;
options.transparency = true;
options.artBoardClipping = true;
options.verticalScale = 277.777;
options.horizontalScale = 277.777;

var n = document.layers.length;
for(var i=0; i<n; ++i)
{
hideAllLayers();
var layer = document.layers[i];
layer.visible = true;

var file = new File(folder.fsName+"/"+layer.name+".png");

document.exportFile(file,ExportType.PNG24,options);
}

showAllLayers();
}

function hideAllLayers()
{
forEach(document.layers, function(layer) {
layer.visible = false;
});
}

function showAllLayers()
{
forEach(document.layers, function(layer) {
layer.visible = true;
});
}

function forEach(collection, fn)
{
var n = collection.length;
for(var i=0; i<n; ++i)
{
fn(collection[i]);
}
}
SaveLayersPNG300dpi.jsx
300dpiの解像度で書き出す
var folder = Folder.selectDialog();
var document = app.activeDocument;
if(document && folder)
{
var options = new ExportOptionsPNG24();
options.antiAliasing = true;
options.transparency = true;
options.artBoardClipping = true;
options.verticalScale = 416.667;
options.horizontalScale = 416.667;

var n = document.layers.length;
for(var i=0; i<n; ++i)
{
hideAllLayers();
var layer = document.layers[i];
layer.visible = true;

var file = new File(folder.fsName+"/"+layer.name+".png");

document.exportFile(file,ExportType.PNG24,options);
}

showAllLayers();
}

function hideAllLayers()
{
forEach(document.layers, function(layer) {
layer.visible = false;
});
}

function showAllLayers()
{
forEach(document.layers, function(layer) {
layer.visible = true;
});
}

function forEach(collection, fn)
{
var n = collection.length;
for(var i=0; i<n; ++i)
{
fn(collection[i]);
}
}

まとめる

これらのjsxファイルを一つのフォルダ内にまとめて、フォルダごと「/アプリケーション/Adobe Illustrator CC XXXX/Presets/ja_JP/スクリプト」に置くこともできます(変更した場合は、イラストレーターを再起動します)。
自分の場合はフォルダ名を「レイヤーごとに書き出し」として、その中に、jsxファイルを入れています。

ダウンロード

この記事で紹介した3ファイルはダウンロードできます。
GitHubにて公開しています。

https://github.com/smplsmplsdsn/Illustrator-layer-to-png

1. 上記ページを開いたら、「Clone or download」ボタン → 「Download ZIP」をクリック
2. ダウンロードされたZIPファイルをダブルクリックする
3. 解凍したファイルをフォルダごと、Macの場合は 「/アプリケーション/Adobe Illustrator CC XXXX/Presets/ja_JP/スクリプト」に、Windowsの場合は「C:/Program Files/Adobe/Adobe Illustrator CC XXXX/ja_JP/プリセット/スクリプト」にフォルダごと置く
4. イラストレーターを起動している場合は、イラストレーターを再起動する

これで準備完了です。

利用する際は、イラストレーターを起動後ファイルを開いたら、「ファイル」→「スクリプト」→「レイヤーごとに書き出し」でレイヤーをpngに書き出すことができます。

最近の記事

在宅で仕事ができない人へのアドバイス

新型コロナウイルスが世界に猛威を振るっている。在宅でのリモートワークが推奨され、家で仕事している人が増えているとのこと。 そんな中、なぜか家だと仕事にな・・・

徒然なままに

このサイトのリニューアル2020

主な変更点 ・3つのブログ(「0から目指すWebマスター」「シンプルシンプルデザイン」「シンプルシンプルデザイン代表ブログ」)を一つにまとめました ・・・

更新履歴

久しぶりにリニューアルしました

3つのブログを一つに Web業界に足を踏み入れたのが2006年夏。完全アナログ人間がブラインドタッチからのスタート。そこで「0から目指すWebマスター」・・・

お仕事・制作日記

サイトのURLを変更して、管理画面が表示されなくなった場合 → functions.phpの一時修正

DBを修正する必要はなかった! WordPressの管理画面で、メニューの「設定」→「一般」にある、WordPress アドレス (URL) を変更する・・・

WordPress

元号のjsonファイルを作ってみた

制作経緯 4/1 新しい元号が「令和」と知る。これまでの元号って何だろうとWikipediaで調べる。4/2 ある海外の方が「令和の前って江戸時代とか縄・・・

お仕事・制作日記

カラーグレーディング

先日、CP+2019 で行われた、鈴木 佑介(映像作家)さんによるプレゼン「動画もRAWの時代。BenQで作るカラーグレーディング環境」が、ちょうど気になって・・・

学びの部屋

「しょぼい起業で生きていく」を読んで

書籍「しょぼい起業で生きていく」を読んで、共感したことや改めての気づきや新たな発見を書き残しておく。 「嫌なことからは逃げろ」 「やりたくないこと・・・

起業関連の本

えっ!?Yahooの検索結果から遷移しようとしたら全く違うサイトにリダイレクトされてしまった…

直接URLを入力したり、Googleの検索結果からの遷移時にはまったく問題なかったが、Yahoo Japanの検索ボックスで検索して表示される検索結果一覧から・・・

お仕事・制作日記

CP+2019に行ってきた

開催日 2019年2月28日〜3月3日会場 パシフィコ横浜 / 大さん橋ホール CP+(シーピープラス)とは? CP+はカメラや関連機器の一般ユー・・・

参加セミナー・イベント

「外壁塗装業の集客できるホームページ制作ならゆいまるWeb」の山縣力也さんと座談会

ぼくたちの共通点→「集客」 仕事内容を考えたとき、ぼくたちの共通点は「集客」を意識していることです。山縣力也(以降、やまけん)さんは、外壁塗装業、主に下・・・

対談

人気の記事

iframeの高さを自動調整する

iframeで呼び出した際、iframe自体はスクロールさせずに高さを取得してiframe全体を表示させます。 サンプル:iframeの高さを自動調整するデモ・・・

JavaScript

背景画像の拡大・縮小 → background-size !

W3Cで「モジュール背景とボーダー」について2011年2月15日付けで更新されてますね。 CSS3では、背景画像の幅・高さを拡大・縮小するプロパティが追加され・・・

CSS

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

フォトショップでは、レイヤーごとに書き出す設定がありますが、イラストレーターにはありません。そこでレイヤーごとにPNGファイルを書き出すためのスクリプトファイル・・・

Illustorator

overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更する → scrollTop scrollLeft

まずはサンプル。 これは、overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更するサンプルです。 これは、overflowをautoにした要素のスクロ・・・

JavaScript

WP_Queryを使って絞り込み検索するのにコレは便利!

めっちゃ参考になるページを見つけた。 絞り込みをするたびに色々ググっていたが、これがあればほとんどのことが解決できそうな気がする。 参考: これは便利!Word・・・

WordPress

Advanced Custom Fields を使った条件分岐(セレクトボックス、チェックボックス、ラジオボタン、真偽)のテンプレート記述方法

前回、「入力フォームを自由にカスタマイズできる「Advanced Custom Fields」」で基本的なフィールド名を出力方法を紹介したが、今度は条件分岐に関・・・

WordPress

[連想配列]2つ以上のキーで並び替えをする

2つ以上のキーで連想配列を並び替えしたいときの備忘録。 サンプル配列 var arr = []; arr.push(["5", "4", "たちつて・・・

JavaScript

アーカイブページでカスタムフィールドやタクソノミーで絞り込みした状態でリスト表示する

<?php $args = array( 'paged' => 1, 'posts_per_page' => 20, 'post・・・

WordPress

http://localhost:8888/ → http://localhost/

http://localhost:8888/ での参照ではなく、http://localhost/ で参照できるようにします。 MAMPの設定を変更する M・・・

MAMP

WordPressのカテゴリー一覧ページでカテゴリー名とスラッグを取得する → get_queried_object()

やりたいこと カテゴリー一覧ページで、そのカテゴリー一覧ページに属する記事一覧を取得するためにループさせるのとは別に、タイトルやカテゴリー別にデザインを変・・・

WordPress

思考と学び対談イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す | シンプルシンプルデザイン