(更新) Illustorator

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

フォトショップでは、レイヤーごとに書き出す設定がありますが、イラストレーターにはありません。そこでレイヤーごとにPNGファイルを書き出すためのスクリプトファイルを用意します。そうすることで、イラストレーターでもレイヤーごとにPNGで書き出すことができるようになります。

ちなみに実施した動作環境は、Mac OS10.13、イラストレーターは CC 2018 です。

1. スクリプトファイルを用意する

エディタツールで下記をコピペしてファイルを作成します。ファイル名はなんでも構いません。ここではググって参考にさせていただいているファイル名と同じ「SaveLayersPNGDefault.jsx」にしています。

SaveLayersPNGDefault.jsx
var folder = Folder.selectDialog();
var document = app.activeDocument;
if(document && folder)
{
var options = new ExportOptionsPNG24();
options.antiAliasing = true;
options.transparency = true;
options.artBoardClipping = true;

var n = document.layers.length;
for(var i=0; i<n; ++i)
{
hideAllLayers();
var layer = document.layers[i];
layer.visible = true;

var file = new File(folder.fsName+"/"+layer.name+".png");

document.exportFile(file,ExportType.PNG24,options);
}

showAllLayers();
}

function hideAllLayers()
{
forEach(document.layers, function(layer) {
layer.visible = false;
});
}

function showAllLayers()
{
forEach(document.layers, function(layer) {
layer.visible = true;
});
}

function forEach(collection, fn)
{
var n = collection.length;
for(var i=0; i<n; ++i)
{
fn(collection[i]);
}
}

2. スクリプトファイルを置く

作成したファイル「SaveLayersPNGDefault.jsx」は下記のフォルダの中に置きます(Adobe Illustrator CC 2018のところは適宜ご自身のバージョンに置き換える)。

/アプリケーション/Adobe Illustrator CC 2018/Presets/ja_JP/スクリプト

ちなみに、Windowsだと下記のようです(未確認)。

C:/Program Files/Adobe/Adobe Illustrator CC XXXX/ja_JP/プリセット/スクリプト

以上で、事前準備は終わりです。

レイヤーごとにPNGで書き出す

  1. イラストレーターを起動し、レイヤーごとにPNGで書き出したいファイルを開きます。
  2. 「ファイル」→「スクリプト」→「SaveLayersPNGDefault.jsx」を選択します。
  3. 保存場所を指定します。

はい、できました!

余談:PNGの解像度を変更する

先ほどの参考にさせていただいたサイトでは、異なる解像度でPNGファイルに書き出すスクリプトファイルも紹介されていました。

SaveLayersPNG200dpi.jsx
200dpiの解像度で書き出す
var folder = Folder.selectDialog();
var document = app.activeDocument;
if(document && folder)
{
var options = new ExportOptionsPNG24();
options.antiAliasing = true;
options.transparency = true;
options.artBoardClipping = true;
options.verticalScale = 277.777;
options.horizontalScale = 277.777;

var n = document.layers.length;
for(var i=0; i<n; ++i)
{
hideAllLayers();
var layer = document.layers[i];
layer.visible = true;

var file = new File(folder.fsName+"/"+layer.name+".png");

document.exportFile(file,ExportType.PNG24,options);
}

showAllLayers();
}

function hideAllLayers()
{
forEach(document.layers, function(layer) {
layer.visible = false;
});
}

function showAllLayers()
{
forEach(document.layers, function(layer) {
layer.visible = true;
});
}

function forEach(collection, fn)
{
var n = collection.length;
for(var i=0; i<n; ++i)
{
fn(collection[i]);
}
}
SaveLayersPNG300dpi.jsx
var folder = Folder.selectDialog();
var document = app.activeDocument;
if(document && folder)
{
var options = new ExportOptionsPNG24();
options.antiAliasing = true;
options.transparency = true;
options.artBoardClipping = true;
options.verticalScale = 416.667;
options.horizontalScale = 416.667;

var n = document.layers.length;
for(var i=0; i<n; ++i)
{
hideAllLayers();
var layer = document.layers[i];
layer.visible = true;

var file = new File(folder.fsName+"/"+layer.name+".png");

document.exportFile(file,ExportType.PNG24,options);
}

showAllLayers();
}

function hideAllLayers()
{
forEach(document.layers, function(layer) {
layer.visible = false;
});
}

function showAllLayers()
{
forEach(document.layers, function(layer) {
layer.visible = true;
});
}

function forEach(collection, fn)
{
var n = collection.length;
for(var i=0; i<n; ++i)
{
fn(collection[i]);
}
}

まとめる

これらのjsxファイルを一つのフォルダ内にまとめて、フォルダごと「/アプリケーション/Adobe Illustrator CC XXXX/Presets/ja_JP/スクリプト」に置くこともできます(変更した場合は、イラストレーターを再起動します)。
自分の場合はフォルダ名を「レイヤーごとに書き出し」として、その中に、jsxファイルを入れています。

ダウンロード

この記事で紹介した3ファイルはダウンロードできます。
GitHubにて公開しています。

https://github.com/smplsmplsdsn/Illustrator-layer-to-png

  1. 上記ページを開いたら、画面右上の方の「CODE」ボタン → 「Download ZIP」をクリック
  2. ダウンロードされたZIPファイルをダブルクリックする
  3. 解凍したファイルをフォルダごと、Macの場合は 「/アプリケーション/Adobe Illustrator CC XXXX/Presets/ja_JP/スクリプト」に、Windowsの場合は「C:/Program Files/Adobe/Adobe Illustrator CC XXXX/ja_JP/プリセット/スクリプト」にフォルダごと置く
  4. イラストレーターを起動している場合は、イラストレーターを再起動する

これで準備完了です。

利用する際は、イラストレーターを起動後ファイルを開いたら、「ファイル」→「スクリプト」→「レイヤーごとに書き出し」でレイヤーをpngに書き出すことができます。

最近の記事

GulpでERRが出てテンパった → gyp: No Xcode or CLT version detected! → PostCSS plugin autoprefixer requires PostCSS 8

Gulp。いつもは正常に動いている環境をそのままコピーして再利用するようにしている。そうすることで、案件ごとに毎回環境作りをする手間を省くことができ、何よりG・・・

制作効率化

ビジネス前提ワークシート

書籍「LEAN UX リーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン」から抜粋。 「前提の宣言」「MVPの作成」「実験の実行」「フィードバックとリサー・・・

知識編

リーン思考のUXデザイン

LEAN UX は、コラボレーションと部門/領域横断的な手法によって、製品の本質を素早く明らかにするための実践的手法であり、これによって文書への過度な依存を減・・・

知識編

ES6(ES2015)の主な変更点

オブジェクト指向 クラス定義 JavaScriptは厳密にはクラスがない、プロトタイプベースのオブジェクト指向言語。ES6でclass構文が導入さ・・・

JavaScript

JavaScriptスタイルガイド

書籍「メンテナブルJavaScript」と Google JavaScript Style Guide 和訳 を参考に自分なりのJavaScriptスタイルガ・・・

JavaScript

投稿を公開したときに指定したページにアクセスする

この記事では「管理画面で投稿やカスタム投稿の公開ステータスを更新したときに何かしらの処理をする」方法の備忘録です。 functions.php を修正し・・・

WordPress

ローカルフォントをWebフォント指定する

Google Fonts はとても便利だが、適用するまでの遅延が気になったので、同様の効果をローカルにあるフォントを利用して実現させる。 事前に用意する・・・

CSS

[ソフト] Web font用のwoff、woff2にフォントを変換する無料サービス

WOFFコンバータ ダウンロードhttps://opentype.jp/woffconv.htm 以下、リンク先の「概要」を抜粋。 フォント・・・

CSS

JSON

JSON.parse() 配列とオブジェクトのリテラル記法を組み合わせた文字列をデータとして取り扱えるようにする。 // JSONデータ let ・・・

JavaScript

いろいろな判定

真の場合。偽の場合は、!== を使う。 プリミティブ値の判定 文字列の判定 if (typeof a === 'string') {} ・・・

JavaScript

人気の記事

iframeの高さを自動調整する

iframeで呼び出した際、iframe自体はスクロールさせずに高さを取得してiframe全体を表示させます。 サンプル:iframeの高さを自動調整するデモ・・・

JavaScript

http://localhost:8888/ → http://localhost/

http://localhost:8888/ での参照ではなく、http://localhost/ で参照できるようにします。 MAMPの設定を変更する M・・・

MAMP

overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更する → scrollTop scrollLeft

まずはサンプル。 これは、overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更するサンプルです。 これは、overflowをautoにした要素のスクロ・・・

JavaScript

WP_Queryを使って絞り込み検索するのにコレは便利!

めっちゃ参考になるページを見つけた。 絞り込みをするたびに色々ググっていたが、これがあればほとんどのことが解決できそうな気がする。 参考: これは便利!Word・・・

WordPress

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

【2020年07月13日】 macOS Catalina(10.15.5) / Adobe iLLustrator 2020(24.2.1) にて動作確認済・・・

Illustorator

アーカイブページでカスタムフィールドやタクソノミーで絞り込みした状態でリスト表示する

<?php $args = array( 'paged' => 1, 'posts_per_page' => 20, 'post・・・

WordPress

Advanced Custom Fields を使った条件分岐(セレクトボックス、チェックボックス、ラジオボタン、真偽)のテンプレート記述方法

前回、「入力フォームを自由にカスタマイズできる「Advanced Custom Fields」」で基本的なフィールド名を出力方法を紹介したが、今度は条件分岐に関・・・

WordPress

WordPressのカテゴリー一覧ページでカテゴリー名とスラッグを取得する → get_queried_object()

やりたいこと カテゴリー一覧ページで、そのカテゴリー一覧ページに属する記事一覧を取得するためにループさせるのとは別に、タイトルやカテゴリー別にデザインを変・・・

WordPress

管理画面のカスタム投稿一覧で並び順を変更する

WordPressの管理画面。「投稿」や「固定ページ」の一覧は、公開日順に並んでいる。ところが、カスタム投稿を追加した場合、公開順ではなく名前順に並んでいること・・・

WordPress

カウントアップ、カウントダウンするJavaScript

ポイントを使ったり、増やしたりしたときに、結果のポイント数に差し替えるのではなくて、カウントアップしたり、カウントダウンして動的に動かそうと思って作ってみた。・・・

JavaScript

WEB制作アプリケーションIllustoratorイラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す | シンプルシンプルデザイン