WordPress

入力フォームを自由にカスタマイズできる「Advanced Custom Fields」

Movable Typeでいうところのカスタムフィールドを使おうとしたら、Wordpressでは「Advanced Custom Fields」というプラグインが超絶オススメ。

「Advanced Custom Fields」を使うと、たとえば、「投稿」の場合は、とか「個別ページ」の場合は、とか「投稿のあるカテゴリー」の場合は、というような特定の条件に合わせて、入力フォームをカスタマイズできるようになる。

ここでは、導入方法と使い方は省略して、テンプレートへの記述方法を備忘録。

テキスト、テキストエリア、数値、メール、パスワード

画面に表示する

the_field('フィールド名');

値を取得する

get_field('フィールド名');

値がない場合は、false が返却される

例:値がある場合だけ要素をつけて表示する

if (get_field('フィールド名')) {
  echo '<p>'.get_field('フィールド名').'</p>';
}

画像

フィールドを登録する際に、フィールドタイプを画像にすると、返り値を設定できるようになる。
選択できるのは「画像オブジェクト」「画像URL」「画像ID」のいずれか。

テンプレートへの書き方はテキストと同じだが、どれを選択するかで取得内容が変わるので注意。
個人的には「画像ID」一択。

「画像ID」の場合

たとえば、画像IDとWordpressであらかじめ用意されている関数wp_get_attachment_image_srcを使って、サイズ指定した画像情報を配列で取得することができる。配列のひとつめにURL情報が返却されます。また、第1引数にセットされた値の画像がない場合、falseが返却されます。

// 取得
wp_get_attachment_image_src(get_field('フィールド名'), "medium");

第1引数にはIDを、第2引数には画像サイズ(thumbnail, medium, large, full)を指定。

if (get_field('フィールド名')) {
  echo '<img src="'.wp_get_attachment_image_src(get_field('フィールド名'), "medium")[0].'">';
}

「画像URL」の場合

WordPressのメディアに登録した画像をそのまま使用する場合は、画像URLを選択しておくといい。

「画像オブジェクト」の場合

フィールド登録時のデフォルト値。画像情報を含んだ配列が返却される。

var_dump(get_field('img_obj'));

とりあえず何が返却されているか出力結果を確認すると。。。いろいろあります(実際には自分は使わなそうなので割愛)。

最近の記事

cronっぽいことをPHPでjsonとして実装する

外部のAPIを利用する際、リクエスト回数が制限されることがある。また、リクエスト回数が制限され、かつ毎日更新をルールとする外部のAPIもある。 そんなと・・・

php

Instagram API を使ってインスタに投稿した画像データを取得する

インスタに投稿した画像を自動でホームページでも更新されるようにしたい。もっとも簡単に実現する方法を紹介する。 公式リファレンスInstagram・・・

API

名刺代わりの超絶ミニマムなブランディングページ

このたび、ハンドメイドアクセサリー作家さんのWebサイト制作させていただきました! Sunny Side Accessory(サニーサイド アクセサリー・・・

お仕事・制作日記

案件、承っております

2021年2月現在、案件承っております。とくに短期、週2、3日での外注をお考えでしたら、ぜひご連絡ください。 当方、2015年2月より「シンプルシンプル・・・

お仕事・制作日記

インタラクションデザイン

5年くらい前に購入した書籍「インタラクションデザイン」。この書籍内ではたくさんの事例が紹介されている。残念ながらその多くは現在閲覧することができなくなっていた・・・

デザイン

Advanced Custom Fields 名前を変更して、データも反映させる

WordPressを自作する上でもはや欠かせないプラグインの一つが、「Advanced Custom Fields」。 名前を変更しようと思って、Wor・・・

WordPress

配列の重複を削除する

配列の場合 /** * 配列の重複を削除する * * @param {array} ary* * @return {array} 処理後のary・・・

JavaScript

MAMP を 5.7 から 6.2 にアップデートした

5年以上前と比べると、アップデートが簡単で驚く。とくに記事にするまでもないと思いつつ、一応備忘録。 インストールすると、既存のディレクトリはそのままに別・・・

MAMP

Briefly unavailable for scheduled maintenance. Check back in a minute. → . maintenance を削除

プラグインを更新中に、誤って、違うページにアクセスしまいました。すると、管理画面だけでなく、公開中のすべての画面が「briefly unavailable f・・・

WordPress

GulpでERRが出てテンパった → gyp: No Xcode or CLT version detected! → PostCSS plugin autoprefixer requires PostCSS 8

Gulp。いつもは正常に動いている環境をそのままコピーして再利用するようにしている。そうすることで、案件ごとに毎回環境作りをする手間を省くことができ、何よりG・・・

制作効率化

人気の記事

WP_Queryを使って絞り込み検索するのにコレは便利!

めっちゃ参考になるページを見つけた。 絞り込みをするたびに色々ググっていたが、これがあればほとんどのことが解決できそうな気がする。 参考: これは便利!Word・・・

WordPress

overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更する → scrollTop scrollLeft

まずはサンプル。 これは、overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更するサンプルです。 これは、overflowをautoにした要素のスクロ・・・

JavaScript

iframeの高さを自動調整する

iframeで呼び出した際、iframe自体はスクロールさせずに高さを取得してiframe全体を表示させます。 サンプル:iframeの高さを自動調整するデモ・・・

JavaScript

http://localhost:8888/ → http://localhost/

http://localhost:8888/ での参照ではなく、http://localhost/ で参照できるようにします。 MAMPの設定を変更する M・・・

MAMP

アーカイブページでカスタムフィールドやタクソノミーで絞り込みした状態でリスト表示する

<?php $args = array( 'paged' => 1, 'posts_per_page' => 20, 'post・・・

WordPress

カウントアップ、カウントダウンするJavaScript

ポイントを使ったり、増やしたりしたときに、結果のポイント数に差し替えるのではなくて、カウントアップしたり、カウントダウンして動的に動かそうと思って作ってみた。・・・

JavaScript

WordPressのカテゴリー一覧ページでカテゴリー名とスラッグを取得する → get_queried_object()

やりたいこと カテゴリー一覧ページで、そのカテゴリー一覧ページに属する記事一覧を取得するためにループさせるのとは別に、タイトルやカテゴリー別にデザインを変・・・

WordPress

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

【2020年07月13日】 macOS Catalina(10.15.5) / Adobe iLLustrator 2020(24.2.1) にて動作確認済・・・

Illustorator

管理画面のカスタム投稿一覧で並び順を変更する

WordPressの管理画面。「投稿」や「固定ページ」の一覧は、公開日順に並んでいる。ところが、カスタム投稿を追加した場合、公開順ではなく名前順に並んでいること・・・

WordPress

MAMPの日時(タイムゾーン)を変更する

MAMPを使用していて、日時の情報を制御しようとしたとき、取得している日時が日本時間ではないことに気がついた。 時差を計算してPHPでプログラミングしていたが、・・・

MAMP

WEB制作アプリケーションWordPress入力フォームを自由にカスタマイズできる「Advanced Custom Fields」 | シンプルシンプルデザイン