(更新) WordPress

WordPressでAMP対応して、Googleアナリティクスを設定する → プラグイン「AMP」

【2020年4月11日更新】
プラグイン名が「AMP for WordPress」から「AMP」に変更され、作成者も「AMP Project Contributors」に変更されていたので、テキストを修正します(キャプチャ画像はそのままのため、適時置き換えてご覧ください)。使い方は同じです。WordPress 5.4と互換性があり、問題なく利用して、Googleアナリティクスで測定できることも確認しました。

AMPとは?

「iphone」で検索した場合の結果画面

AMPは、Accelerated Mobile Pagesの略。詳細はウィキペディア(Accelerated Mobile Pages)で確認したりググって調べる。

実例としては、Googleのオーガニック検索結果で検索結果の上部に表示されるエリア(参考:キャプチャは、「iphone」で検索した場合の結果画面)。これはAMP対応していないと表示されることはない。逆にいえばAMP対応することで、検索結果上部に表示される可能性が0ではなくなるとも言える。

実装するには、記事ページを作成した際に、それとは別にAMP用のHTMLファイルを用意する必要がある。テンプレートを自前で用意するのもアリだが、WordPressを使ってることもあり、プラグインを使ってサクッと終わらせてしまおうと思う。

導入の流れ

まずはGoogleアナリティクスで計測できるようにするまでの全体の流れを確認。

AMPの設定

  1. プラグイン「AMP」をインストールし、有効化する
  2. AMPが正しく設定されたか確認する
  3. ツールを使ってテストする

Googleアナリティクスの設定

  1. GoogleアナリティクスでAMP用のプロファイルを作成する
  2. WordPressの管理画面でプロファイルIDを紐付けする
  3. Googleアナリティクスのリアルタイムでログが集計されることを確認する

AMPの設定

1. プラグイン「AMP」をインストールし、有効化する

  1. 「プラグイン」を選択し、「新規追加」を選択する
  2. 入力フォームに「AMP」と入力する
  3. 検索結果に表示される「AMP」の「インストール」を選択する
  4. インストール後、「有効化」を選択する

2. AMPが正しく設定されたか確認する

記事URLの末尾に「/amp」もしくは「?amp」を付与してページを確認します。

例えば、記事URLが「/sample/」で終わる場合は、「/sample/amp/」もしくは「/sample/?amp」とします。また拡張子「.html」や「.php」で終わる場合は、「.html?amp」や「.php?amp」とします。

プラグインを有効化するだけで、URLを入力すると自動で画面が生成されます。
下記の画像は自動はこの例でAMP HTMLが自動で生成された画面です。


3. ツールを使ってテストする

GoogleのAMPテスト

https://support.google.com/webmasters/answer/7320015?hl=ja&ref_topic=4589289

  1. 「AMPテストを起動」を選択する
  2. 検証したいAMPのURLを入力する
  3. 「テストを実行」を選択する
  4. AMPファイルとしてOKだが、エラーが表示されてしまったので、「構造化データをテスト」を選択する

「logo」と「image」フィールドでエラーが表示されている

これらのエラーを放置してしまうと、Google検索結果の上部にあるAMPエリアに表示されないらしい。それは困るので修正する。

修正するには、functions.php の中に2枚の画像を設定します。

functions.php
/**
* AMPの Google構造化データテストツールで「「logo」フィールドの値は必須です。」が表示された場合
*/
function amp_modify_json_metadata($metadata, $post) {
    $metadata['publisher']['logo'] = array(
        '@type' => 'ImageObject',
        'url' => 'https://www.simplesimplesdesign.com/wp-content/themes/smplsmpldsn/assets/logo-amp.png',
        'width' => '238px',
        'height' => '60px'
    );
    $metadata['image'] = array(
        '@type' => 'ImageObject',
        'url' => 'https://www.simplesimplesdesign.com/wp-content/themes/smplsmpldsn/assets/amp.png',
        'width' => '1200px',
        'height' => '630px'
    );
    return $metadata;
}
add_filter('amp_post_template_metadata', 'amp_modify_json_metadata', 10, 2);

画像のパスと画像の幅・高さは適時修正が必要。$metadata['publisher']['logo']の画像は、横600px以内、高さ60px以内である必要があるそうです。また、$metadata['image']の画像は、横659px以上である必要があるそうです。これは記事に画像がない場合に代替画像として使用されるそうです。

もう一度テストしてみると、無事にエラーが消えました!

以上でAMPの設定は終わり。続いてGoogleアナリティクスの設定。

Googleアナリティクスの設定

1. GoogleアナリティクスでAMP用のプロファイルを作成する

Googleアナリティクスを開く。

  1. 「管理」を選択する
  2. すでにアカウントを作成済みであれば、該当のアカウントを選択する。はじめてGoogleアナリティクスを利用する場合は「アカウントを作成」を選択する
  3. AMP用に「プロパティを作成」を選択する
  4. 必要項目を入力して「トラッキングIDを取得」を選択する
  5. トラッキングIDは後ほどWordPressの管理画面で利用するのでコピーしておく

2. WordPressの管理画面でプロファイルIDを紐付けする

  1. 「AMP」を選択し、「Analytics」を選択する
  2. Typeに任意のワードを入力する
  3. JSONを入力するaccountの値は、Googleアナリティクスの設定で取得したトラッキングIDを入力する
    {
    "vars": {
        "account": "UA-XXXXX-Y"
    },
    "triggers": {
        "trackPageview": {
            "on": "visible",
            "request": "pageview"
        }
    }
    }
  4. 「Save」を選択する

3. Googleアナリティクスのリアルタイムでログが集計されることを確認する

  1. Googleアナリティクスを開き、先に設定したプロパティのリアルタイムを開く
  2. AMPファイルへアクセスし、ログが取得されることを確認する

これにて完了。

最近の記事

GulpでERRが出てテンパった → gyp: No Xcode or CLT version detected! → PostCSS plugin autoprefixer requires PostCSS 8

Gulp。いつもは正常に動いている環境をそのままコピーして再利用するようにしている。そうすることで、案件ごとに毎回環境作りをする手間を省くことができ、何よりG・・・

制作効率化

ビジネス前提ワークシート

書籍「LEAN UX リーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン」から抜粋。 「前提の宣言」「MVPの作成」「実験の実行」「フィードバックとリサー・・・

知識編

リーン思考のUXデザイン

LEAN UX は、コラボレーションと部門/領域横断的な手法によって、製品の本質を素早く明らかにするための実践的手法であり、これによって文書への過度な依存を減・・・

知識編

ES6(ES2015)の主な変更点

オブジェクト指向 クラス定義 JavaScriptは厳密にはクラスがない、プロトタイプベースのオブジェクト指向言語。ES6でclass構文が導入さ・・・

JavaScript

JavaScriptスタイルガイド

書籍「メンテナブルJavaScript」と Google JavaScript Style Guide 和訳 を参考に自分なりのJavaScriptスタイルガ・・・

JavaScript

投稿を公開したときに指定したページにアクセスする

この記事では「管理画面で投稿やカスタム投稿の公開ステータスを更新したときに何かしらの処理をする」方法の備忘録です。 functions.php を修正し・・・

WordPress

ローカルフォントをWebフォント指定する

Google Fonts はとても便利だが、適用するまでの遅延が気になったので、同様の効果をローカルにあるフォントを利用して実現させる。 事前に用意する・・・

CSS

[ソフト] Web font用のwoff、woff2にフォントを変換する無料サービス

WOFFコンバータ ダウンロードhttps://opentype.jp/woffconv.htm 以下、リンク先の「概要」を抜粋。 フォント・・・

CSS

JSON

JSON.parse() 配列とオブジェクトのリテラル記法を組み合わせた文字列をデータとして取り扱えるようにする。 // JSONデータ let ・・・

JavaScript

いろいろな判定

真の場合。偽の場合は、!== を使う。 プリミティブ値の判定 文字列の判定 if (typeof a === 'string') {} ・・・

JavaScript

人気の記事

iframeの高さを自動調整する

iframeで呼び出した際、iframe自体はスクロールさせずに高さを取得してiframe全体を表示させます。 サンプル:iframeの高さを自動調整するデモ・・・

JavaScript

http://localhost:8888/ → http://localhost/

http://localhost:8888/ での参照ではなく、http://localhost/ で参照できるようにします。 MAMPの設定を変更する M・・・

MAMP

overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更する → scrollTop scrollLeft

まずはサンプル。 これは、overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更するサンプルです。 これは、overflowをautoにした要素のスクロ・・・

JavaScript

WP_Queryを使って絞り込み検索するのにコレは便利!

めっちゃ参考になるページを見つけた。 絞り込みをするたびに色々ググっていたが、これがあればほとんどのことが解決できそうな気がする。 参考: これは便利!Word・・・

WordPress

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

【2020年07月13日】 macOS Catalina(10.15.5) / Adobe iLLustrator 2020(24.2.1) にて動作確認済・・・

Illustorator

アーカイブページでカスタムフィールドやタクソノミーで絞り込みした状態でリスト表示する

<?php $args = array( 'paged' => 1, 'posts_per_page' => 20, 'post・・・

WordPress

Advanced Custom Fields を使った条件分岐(セレクトボックス、チェックボックス、ラジオボタン、真偽)のテンプレート記述方法

前回、「入力フォームを自由にカスタマイズできる「Advanced Custom Fields」」で基本的なフィールド名を出力方法を紹介したが、今度は条件分岐に関・・・

WordPress

WordPressのカテゴリー一覧ページでカテゴリー名とスラッグを取得する → get_queried_object()

やりたいこと カテゴリー一覧ページで、そのカテゴリー一覧ページに属する記事一覧を取得するためにループさせるのとは別に、タイトルやカテゴリー別にデザインを変・・・

WordPress

管理画面のカスタム投稿一覧で並び順を変更する

WordPressの管理画面。「投稿」や「固定ページ」の一覧は、公開日順に並んでいる。ところが、カスタム投稿を追加した場合、公開順ではなく名前順に並んでいること・・・

WordPress

カウントアップ、カウントダウンするJavaScript

ポイントを使ったり、増やしたりしたときに、結果のポイント数に差し替えるのではなくて、カウントアップしたり、カウントダウンして動的に動かそうと思って作ってみた。・・・

JavaScript

WEB制作アプリケーションWordPressWordPressでAMP対応して、Googleアナリティクスを設定する → プラグイン「AMP」 | シンプルシンプルデザイン