CSS

適用されるCSS [CSS初心者向け]

「CSSは記述しているのに適用されない」という質問が多々あるので、あらためて基本をざっくり。

CSSを指定する方法として、大きく分けて2通りの考えをマスターする必要があります。それは、「記述する場所」と「記述の仕方」です。

記述する場所

CSSを記述する場所は、3+1通りあります。

  • htmlファイル内のbodyタグ内
  • htmlファイル内のheadタグ内
  • 外部CSSファイル内
    • 外部CSSファイル内でさらに外部ファイルを呼び出すCSSファイル内

それでは、実際にサンプルを見てみましょう。

xhtmlファイル
<html>
<head>
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="css/all_map_css/sample.css" media="all" />
<style type="text/css">
p{
padding:30px;
background-color:#222;
color:#fff;
font-size:40px;
}
</style>
</head>
<body>
<p style="padding:40px; background-color:#990000; font-size:50px;">これはテストです</p>
</body>
</html>
sample.css
@import "sample1.css";
p{
padding:20px;
background-color:#666;
font-size:30px;
}
sample1.css
p{
padding:10px;
background-color:#CCCCCC;
font-size:20px;
}

全体を見たところで、ここからは個別に解説します。

htmlファイル内のbodyタグ内

<p style="padding:40px; background-color:#990000; font-size:50px;">これはテストです</p>

直接タグ内にCSSを記述します。

メリット
ピンポイントでそこにしか適用させない見え方を実装する場合に便利
CSS初心者には分かりやすい
デメリット
同じ見せ方を追加する際に、CSSごと書かなくてはいけないので面倒
複数に同じCSSを記述してた場合、改修が面倒

htmlファイル内のheadタグ内

<style type="text/css">
p{
padding:30px;
background-color:#222;
color:#fff;
font-size:40px;
}
</style>

headタグ内にstyleタグを利用して記述します。type属性は必須です。

メリット
単ページにしか適用しないCSSを記述する際に便利
デメリット
複数ページに同じCSSが記述された内容を改修する場合、対象ページすべてを修正する必要があり面倒
ページ内にCSSの内容が記述されてしまい、本文が見つけにくくなる(SEO的にも不利)

外部CSSファイル内

<link rel="stylesheet" type="text/css" href="css/all_map_css/sample.css" media="all" />

@import "sample1.css";
p{
padding:20px;
background-color:#666;
font-size:30px;
}

htmlファイル内にlinkタグを使用して、外部に用意したCSSファイルを読み込みます。現在もっとも多く利用される方法です。

メリット
複数ページに渡って同じ見え方を設定する際に便利
「内容はhtml」に「見え方は外部CSS」と分離することで、管理しやすい
デメリット
CSSの知識がないと煩雑したCSSファイルとなってしまい、かえって分かりにくくなる可能性あり(正しい知識が必要)

外部CSSファイル内でさらに外部ファイルを呼び出すCSSファイル内

@import "sample1.css";

p{
padding:10px;
background-color:#CCCCCC;
font-size:20px;
}

CSSファイル内で、@importを利用することで、さらに別の外部CSSファイルを呼び出すことができます。

メリット
CSSファイルを分けることで、分かりやすく、管理することができる
デメリット
外部CSSを呼び出すときと同様に、CSSの知識がないと煩雑したCSSファイルとなってしまい、かえって分かりにくくなる可能性あり(正しい知識が必要)

では上記の例ではすべてpタグについてのCSSが記述されていますが、実際に適用されるCSSはどれでしょうか?
「htmlファイル内のbodyタグ内」に記述した内容が適用されます。
これは、記述する場所によって優先順番が決まっているからです。

「htmlファイル内のbodyタグ内」 > 「htmlファイル内のheadタグ内」 > 「外部CSSファイル内」 > 「外部CSSファイル内でさらに外部ファイルを呼び出すCSSファイル内」

「外部CSSファイル内」と「外部CSSファイル内でさらに外部ファイルを呼び出すCSSファイル内」では、「外部CSSファイル内でさらに外部ファイルを呼び出すCSSファイル内」が先に読まれる、つまり「外部CSSファイル内」が後に読まれ、前に書かれた内容を上書きするので、「外部CSSファイル内」が優先される点に注意してください。

記述の仕方

もうひとつ、正しく理解しておく必要があるのが記述の仕方です。というのも、優先順番は記述する場所によってのみ決まるわけではありません
記述の仕方によっては、たとえば「htmlファイル内のheadタグ内」より「外部CSSファイル内でさらに外部ファイルを呼び出すCSSファイル内」が優先されることがあり、2通りに大別できます。

  • 「class名」と「id名」と「タグ」の関係
  • 「!important」

「class名」と「id名」と「タグ」の関係

記述する場所を3+1通り紹介しましたが、3+1通りを2通りに分けます。

  • htmlファイル内のbodyタグ内
  • htmlファイル内のheadタグ内
  • 外部CSSファイル内
    • 外部CSSファイル内でさらに外部ファイルを呼び出すCSSファイル内

  • htmlファイル内のbodyタグ内
  • それ以外
    • htmlファイル内のheadタグ内
    • 外部CSSファイル内でさらに外部ファイルを呼び出すCSSファイル内
    • 外部CSSファイル内

とします。優先順位は、
「htmlファイル内のbodyタグ内」 > 「それ以外」
ですが、「それ以外」の「htmlファイル内のheadタグ内」「外部CSSファイル内でさらに外部ファイルを呼び出すCSSファイル内」「外部CSSファイル内」は、記述の仕方で、記述する場所より優先してCSSを適用させることができます。
その仕組みは「スコア制」で、id、class、タグ、子孫セレクタなどをスコア化し、その合計数が多い方を適用するというものです。同点の場合は、記述する場所に依存します。
サンプルを見てみましょう。

xhtml
<div><p id="sampleId" class="sampleClass">これはテストです</p><div>

pタグをdivで括り、pタグにはclass名とid名を追加、編集しました。

CSS
div p#sampleId{font-size:28px;}
div p.sampleClass{font-size:26px;}
div p{font-size:24px;}
div #sampleId{font-size:22px;}
div .sampleClass{font-size:20px;}
p#sampleId{font-size:18px;}
p.sampleClass{font-size:16px;}
p{font-size:14px;}
#sampleId{font-size:12px;}
.sampleClass{font-size:10px;}

上記の書き方は、どれもpタグに適用されるはずのCSSです。実際には、一番最初の「div p#sampleId{font-size:28px;}」が適用されます。

class名は何点、id名は何点、タグ名は何点、という決まりがあるのですが、いちいち計算しながら優先されるのが何か検証するくらいなら、実際に試したほうが早かったりします。
なのでスコアを覚える必要はないといっても過言ではないでしょう。計算する必要があるくらいのCSSなら、そもそものCSSを改善したほうがよいでしょう。

ポイントは2つ

  • 「divの中のp」のように「の中の」を追加した方が優先される
  • タグ名 > id名 > class名」の順に優先される

「!important」

p{
padding:10px !important;
background-color:#CCCCCC !important;
font-size:20px !important;
}

<p style="padding:40px !important; background-color:#990000 !important; font-size:50px !important;">これはテストです</p>

これまでの説明をばっさり無視して、あらゆる記述よりも最優先させて適用させる方法があります。その無敵さゆえ、取り扱い要注意です。「!important」を利用することでそれは実現できます。使い方を誤ると、「!important」がたくさん出現し、「!important」が「!important」を上書きするような理解不能なCSSになってしまう危険があります。CSSを正しく理解してから、もしくは最終手段として「!important」は利用するようにしましょう。

最近の記事

文章のユーザビリティ

この書籍の中で、ライティングのユーザビリティについて触れている項目があり、激しく共感する部分だったので、ここで備忘録としてピックアップする。 ・・・

ライティング

インタフェースデザイン

この書籍は、I部 リサーチ、II部 デザイン、III部 インプリメンテーションと三部構成になっている。この記事では、その中から、I部 リサーチ、・・・

デザイン思考

フルHD映像を4Kにする → スーパースケール

これを知ったときはマジか!と飛び跳ねた。あらためて思い返してみると、確かに公式チュートリアルでも触れていたことをうっすら思い出す。そしてそのときとやり方がなん・・・

DaVinci Resolve

Macで編集時と書き出し後で色味が変わってしまう場合に試してみたいこと

試したことはまだないけど、Macで編集時と書き出し後で色味が変わって困ったときのために備忘録。 プロジェクト設定 > 「カラーマネジメント・・・

DaVinci Resolve

プロジェクト設定と環境設定

プロジェクト設定と環境設定について詳しく解説されている情報がなかなか見つからないので、要所要所で知り得た情報を更新していきます。 プロジェクト設定 ・・・

DaVinci Resolve

項目”Clipy”は開いているため、ゴミ箱に入れることができません。←アンインストールしようとしたときの話し

Clipyが超絶便利そうだったので、macOS Big Sur にインストール&再起動して使ってみた。ところが、command + c を複数の箇所で行い、c・・・

徒然なままに

setTimeout は requestAnimationFrame に変えるべき?

requestAnimationFrame をはじめて見たので調べていたら、setTimeout や setInterval は requestAnimati・・・

JavaScript

書籍「小さなチーム、大きな仕事」からピックアップ

6年ぶりに読み返したが、今なおハッとさせられることが多く見つかる。 この本で忘れないようにしたい項目をピックアップするだけでも役に立ちそ・・・

起業向け情報

書籍「完全網羅 起業成功マニュアル」からピックアップ

この記事では、以前に読んだ際に付箋を付けていたが、その部分だけを備忘録としてピックアップするため、本の要約ではない。実際は、何倍も濃い内容で、練・・・

起業向け情報

書籍「はじめの一歩を踏み出そう」から気になったフレーズをピックアップ

もう一回、全部読み返したいところだが、書籍がありすぎるので、当時付箋紙をつけていたところだけをピックアップ。書籍内ではより具体的な説明があるので・・・

起業向け情報

人気の記事

iOS Safariで絶対配置(position:fixed)して惰性スクロールしてもロックしない、フリーズ回避方法

iPhoneやiPadで position: fixed; で絶対配置したエリア内をスクロールするとき、最上部をより上にスクロールしようとしたり、最下部をより・・・

JavaScript2021年4月28日

WP_Queryを使って絞り込み検索するのにコレは便利!

めっちゃ参考になるページを見つけた。 絞り込みをするたびに色々ググっていたが、これがあればほとんどのことが解決できそうな気がする。 参考: これは便利!Word・・・

WordPress2018年10月11日

overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更する → scrollTop scrollLeft

まずはサンプル。 これは、overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更するサンプルです。 これは、overflowをautoにした要素のスクロ・・・

JavaScript2017年7月19日

Instagram API を使ってインスタに投稿した画像データを取得する

インスタに投稿した画像を自動でホームページでも更新されるようにしたい。もっとも簡単に実現する方法を紹介する。 公式リファレンスInstagram・・・

API2021年2月22日

iframeの高さを自動調整する

iframeで呼び出した際、iframe自体はスクロールさせずに高さを取得してiframe全体を表示させます。 サンプル:iframeの高さを自動調整するデモ・・・

JavaScript2015年3月17日

WordPressのカテゴリー一覧ページでカテゴリー名とスラッグを取得する → get_queried_object()

やりたいこと カテゴリー一覧ページで、そのカテゴリー一覧ページに属する記事一覧を取得するためにループさせるのとは別に、タイトルやカテゴリー別にデザインを変・・・

WordPress2019年2月11日

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

【2020年07月13日】 macOS Catalina(10.15.5) / Adobe iLLustrator 2020(24.2.1) にて動作確認済・・・

Illustorator2018年2月2日

配列の重複を削除する

配列の場合 /** * 配列の重複を削除する * * @param {array} ary* * @return {array} 処理後のary・・・

JavaScript2020年12月14日

favicon.icoをWordPressの管理画面からアップロードできない→ wp-config.php を一時的に修正

いつもは直接アップロードしているので気にしていなかったが、WordPress管理画面のメニュー「メディア」からfavicon.icoをアップロードしようとした・・・

WordPress2020年8月4日

背景画像の拡大・縮小 → background-size !

W3Cで「モジュール背景とボーダー」について2011年2月15日付けで更新されてますね。 CSS3では、背景画像の幅・高さを拡大・縮小するプロパティが追加され・・・

CSS2011年3月7日

コメントありの記事

Sony Eマウント フルサイズ対応のカメラレンズを収集するページを作ってみた

「SIGMAから超軽量で明るい単焦点レンズが2本発売になりましたので、リストにレンズ情報追加しました!」

お仕事・制作日記

overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更する → scrollTop scrollLeft

「>名無しさん ご指摘、ありがとうございます! 記事冒頭の「まずはサンプル」のサンプルが動いていませんでしたので修正しました。」

JavaScript

えっ!?Yahooの検索結果から遷移しようとしたら全く違うサイトにリダイレクトされてしまった...

「>前田さん コメントありがとうございます。 環境は分かりかねますが、修正したいファイルのパーミッションを604や644に変更すると書き込みできるようになります(・・・」

お仕事・制作日記

記事の投稿IDなどの投稿者(ユーザー)情報を取得する方法 → get_the_author_meta

「アバターを取得する「get_avatar」についても追記しました!」

WordPress

jQueryでformを操る【nameの値を取得する/クリアする】

「「値をクリアする」を追加しました。チェックボックスやラジオボタンの値を何も選択していない状態に戻すときについて触れています。」

JavaScript

iframeの高さを自動調整する

「>匿名さん コメントありがとうございます。 サンプルでは、beforeは何も処理していないので期待する表示にならない、で正解です。 クリックした後が、対応・・・」

JavaScript

Instagram API を使ってインスタに投稿した画像データを取得する

「コメントに嬉しいお言葉、ありがとうございます!」

API

MAMPでMySQL Serverが突然起動しなくなった時 → ログファイル削除

「(匿名)さん コメントありがとうございます。何も設定変更していないのに、それまで使用できていたサーバーが突然使えなくなるのは辛いですよね、、。 ここで紹介したや・・・」

MAMP

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

「コメントありがとうございます! そもそもできるかはわかりませんが、ソースを書き換える必要はあります。 下記記事などが参考になるかもしれません。 illustra・・・」

Illustorator

05_各種キーワードツール

「公開から14年振りの更新w デッドリンクを削除しました。ツール系は「SEO対策に役立つ便利ツール」に集約します。」

SEO

WEB制作マークアップCSS適用されるCSS [CSS初心者向け] | シンプルシンプルデザイン