JavaScript

JSONP Javascriptがちょっと分かってきたかも

いまどき「マッシュアップ」という言葉を使うこと自体ちょっぴり恥ずかしいのですが、外部APIを連携する際のお覚書き。

これまで外部APIの連携は、「php」と「Ajax」でやっていたのですが、「jsonp」の手軽さに驚愕しました。
jsonpはセキュリティ的に使用上要注意とよく聞きます。
そのため、jsonpを使用することを避けてきたわけですが・・・。
これがどうして。
なんで今まで使わなかったんだろうと後悔です。

前置きはこのくらいにして、早速サンプルファイルを紹介(そのままコピペで試せます)。
JSONPを実装しようとすると、コールバック関数、オブジェクトとかいう言葉をよく聞きますが、一旦考えずに形だけ把握します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja" dir="ltr">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<meta http-equiv="Content-Language" content="ja" />
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
<script type="text/javascript">
function data(param){
alert(param.ビートルズ.リズムギター);
alert(param["ローリング・ストーンズ"]["ギター"]);
}
</script>
<script type="text/javascript">
data({
"ビートルズ":{
"リズムギター":"ジョン・レノン",
"ベース":"ポール・マッカートニー",
"リードギター":"ジョージ・ハリスン",
"ドラムス":"リンゴ・スター"
},
"ローリング・ストーンズ":{
"ギター":"ブライアン・ジョーンズ",
"リードボーカル":"ミック・ジャガー",
"ギター":"キース・リチャーズ",
"ドラムス":"チャーリー・ワッツ"
}
});
</script>
</head>
<body>
<p>alertで「ビートルズのリズムギター」と「ローリング・ストーンズのギター」を表示します。</p>
</body>
</html>

ここで注目するポイントは、
function data(param){
alert(param.ビートルズ.リズムギター);
alert(param["ローリング・ストーンズ"]["ギター"]);
}

まず、data()という関数を用意する。
dataという関数名は、その後に続くdata({~})のdataという名と一致させる必要がある。
dataという名前である必要はなく、callback()という関数を用意し、その後に続くデータをcallback({~})としても問題ない。

続いて、data()関数にparam(名前はなんでもよい)という引数を入れる。
このparamにすべてのデータが入っていると想像すると分かりやすいかも。

さらに、データの呼び出し方。
param.ビートルズ.リズムギター
と.(ドット)つなぎで情報をたどる方法と
param["ローリング・ストーンズ"]["ギター"]
と配列のようにつなぐ方法がある。
ただ、データが日本語の場合、配列のようにつながないと思わぬエラーの原因になりかねないので注意が必要だ。
試しに
param.ローリング・ストーンズ.ギター
と書き直すとエラーになるのが分かる。原因は、データ内に「・」があるため。

次に、下記ソースを外部化(とりあえず、サンプルファイルと同じ階層にsample.jsというファイル名)します。

data({
"ビートルズ":{
"リズムギター":"ジョン・レノン",
"ベース":"ポール・マッカートニー",
"リードギター":"ジョージ・ハリスン",
"ドラムス":"リンゴ・スター"
},
"ローリング・ストーンズ":{
"ギター":"ブライアン・ジョーンズ",
"リードボーカル":"ミック・ジャガー",
"ギター":"キース・リチャーズ",
"ドラムス":"チャーリー・ワッツ"
}
});

外部化したあとのソースは下記。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja" dir="ltr">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<meta http-equiv="Content-Language" content="ja" />
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
<script type="text/javascript">
function data(param){
alert(param.ビートルズ.リズムギター);
alert(param["ローリング・ストーンズ"]["ギター"]);
}
</script>
<script type="text/javascript" src="sample.js"></script>
</head>
<body>
<p>alertで「ビートルズのリズムギター」と「ローリング・ストーンズのギター」を表示します。</p>
</body>
</html>

実は、この「sample.js」にあたる部分を、JSONP形式で用意されたファイル名に置きなおすことで、JSONP形式で返ってくるデータ名を関数名に置き直すと、すでにマッシュアップの下準備が完了している。

FOOMOOのAPIを例にしてみよう。
※FOOMOOのAPIを利用するには、事前に登録が必要です。
http://webservice.recruit.co.jp/hotpepper/
ホットペッパー Webサービス

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja" dir="ltr">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<meta http-equiv="Content-Language" content="ja" />
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
<script type="text/javascript">
function callback(param){
alert(param.results.api_version);
alert(param.results.shop[0].name);
}
</script>
<script type="text/javascript" src="http://webservice.recruit.co.jp/hotpepper/gourmet/v1/?key=1f6b15afdba1e98d&large_area=Z011&format=jsonp"></script>
</head>
<body>
<p>alertでapiのバージョンとデータ一件目の店名を表示します。</p>
</body>
</html>

http://webservice.recruit.co.jp/hotpepper/gourmet/v1/?key=1f6b15afdba1e98d&large_area=Z011&format=jsonp
を直接たたくと分かるが、JSONP形式で返ってくるデータ名は「callback」である。そこで関数名を「callback」にし、呼び出したいデータを呼ぶ。

最後に、コールバック関数名の変更の仕方を紹介
実は提供側がサポートしているかによってしまうが、リクエストパラメータに試しに「callback=test」を追加して直打ちしてみる。
http://webservice.recruit.co.jp/hotpepper/gourmet/v1/?key=1f6b15afdba1e98d&large_area=Z011&format=jsonp&callback=test
JSONP形式で返ってくるデータ名が「test」に変わったのを確認できる。
つまりコールバック関数名が変わった。
この辺はAPIの提供側に依存するため、よしなに確認する。

何かお困りではありませんか?

さいごまで記事を読んでいただき、ありがとうございます!
何かお困りなことはありませんか?
当方、ホームページ制作・改修/WordPress構築/Webデザイン/UI・UXデザイン/Webディレクション/広告運用/ブランディング/マーケティング/撮影・レタッチ/動画撮影・編集/プロトタイプ制作、幅広く対応しておりますので、まずはお気軽にご相談いただけると嬉しいです!ご連絡お待ちしております。
Stay Safe.
詳細 » 案件、承っております

最近の記事

記事の投稿IDなどの投稿者(ユーザー)情報を取得する方法 → get_the_author_meta

記事の投稿者(ユーザー)情報を取得するには、これまでは「get_userdata」を使っていたが、IDを取得したいだけなのに、もうちょっとシンプルな方法がある・・・

WordPress

「私たちの働き方とマネジメント」を読んで

数年前に読んだ本。本に付箋紙が大量についていたので、その箇所を読んで発見や共感をピックアップ。 最高のスマート・クリエイティブを惹きつ・・・

起業向け情報

「副業するならカメラマン」を読んで

2019年10月に書いたレビューの転載。 まず、タイトルや帯タイトルにあおられないでほしい。 この本は副業カメラマンになるための・・・

起業向け情報

「やりたいことを全部やってみる」を読んで

2019年9月に書いたレビューがあったので、ここに転載。--- タイトル「やりたいことを全部やってみる ストレスフリーな生き方を叶える・・・

起業向け情報

「世界一やさしいブログxYouTubeの教科書1年生」を読んで

2019年1月に書いたレビュー(2年以上前!)が残っていたので、ここに転載。当時YouTubeをやろうとしていた頃を思い出す。今でもYouTube更新しようと・・・

知識編

「図解モチベーション大百科」を読んで

書籍「図解モチベーション大百科」。主に行動経済学、実験心理学を扱った国内外の文献から、編著者なりの解釈で紹介された本。ここでは備忘録として書・・・

マーケティング・ブランディング

ローカル環境(MAMP)でgmailからメール送信できるようにする

MAMPにWordPressを入れてテストをしていると、ユーザー作成時やら何かとメール送信が必要になるタイミングがる。何も設定をしていないとローカル環境のWo・・・

MAMP

ユーザビリティと機能はどちらが上?

先日、「iOS Safariで絶対配置(position:fixed)して惰性スクロールしてもロックしない、フリーズ回避方法」という記事を書いたときに、エンジ・・・

デザイン思考

ビジネスカードとショップカード

以前にブランディングページを用意させてもらった、Sunny Side Accessory(サニーサイド アクセサリー)さんのビジネスカードとショップカードを制・・・

お仕事・制作日記

DtoC におけるプロモーションと広告運用

公開が2020年7月ということで、もう少しで1年経つのかぁ。「最終回 株式会社北の達人コーポレーション 木下勝寿社長 DMM MARKETING CAMP x・・・

マーケティング・ブランディング

人気の記事

WP_Queryを使って絞り込み検索するのにコレは便利!

めっちゃ参考になるページを見つけた。 絞り込みをするたびに色々ググっていたが、これがあればほとんどのことが解決できそうな気がする。 参考: これは便利!Word・・・

WordPress

iframeの高さを自動調整する

iframeで呼び出した際、iframe自体はスクロールさせずに高さを取得してiframe全体を表示させます。 サンプル:iframeの高さを自動調整するデモ・・・

JavaScript

http://localhost:8888/ → http://localhost/

http://localhost:8888/ での参照ではなく、http://localhost/ で参照できるようにします。 MAMPの設定を変更する M・・・

MAMP

overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更する → scrollTop scrollLeft

まずはサンプル。 これは、overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更するサンプルです。 これは、overflowをautoにした要素のスクロ・・・

JavaScript

iOS Safariで絶対配置(position:fixed)して惰性スクロールしてもロックしない、フリーズ回避方法

iPhoneやiPadで position: fixed; で絶対配置したエリア内をスクロールするとき、最上部をより上にスクロールしようとしたり、最下部をより・・・

JavaScript

Instagram API を使ってインスタに投稿した画像データを取得する

インスタに投稿した画像を自動でホームページでも更新されるようにしたい。もっとも簡単に実現する方法を紹介する。 公式リファレンスInstagram・・・

API

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

【2020年07月13日】 macOS Catalina(10.15.5) / Adobe iLLustrator 2020(24.2.1) にて動作確認済・・・

Illustorator

WordPressのカテゴリー一覧ページでカテゴリー名とスラッグを取得する → get_queried_object()

やりたいこと カテゴリー一覧ページで、そのカテゴリー一覧ページに属する記事一覧を取得するためにループさせるのとは別に、タイトルやカテゴリー別にデザインを変・・・

WordPress

favicon.icoをWordPressの管理画面からアップロードできない→ wp-config.php を一時的に修正

いつもは直接アップロードしているので気にしていなかったが、WordPress管理画面のメニュー「メディア」からfavicon.icoをアップロードしようとした・・・

WordPress

Advanced Custom Fields を使った条件分岐(セレクトボックス、チェックボックス、ラジオボタン、真偽)のテンプレート記述方法

前回、「入力フォームを自由にカスタマイズできる「Advanced Custom Fields」」で基本的なフィールド名を出力方法を紹介したが、今度は条件分岐に関・・・

WordPress

コメントありの記事

jQueryでformを操る【nameの値を取得する/クリアする】

「「値をクリアする」を追加しました。チェックボックスやラジオボタンの値を何も選択していない状態に戻すときについて触れています。」

JavaScript

iframeの高さを自動調整する

「>匿名さん コメントありがとうございます。 サンプルでは、beforeは何も処理していないので期待する表示にならない、で正解です。 クリックした後が、対応・・・」

JavaScript

Instagram API を使ってインスタに投稿した画像データを取得する

「コメントに嬉しいお言葉、ありがとうございます!」

API

MAMPでMySQL Serverが突然起動しなくなった時 → ログファイル削除

「(匿名)さん コメントありがとうございます。何も設定変更していないのに、それまで使用できていたサーバーが突然使えなくなるのは辛いですよね、、。 ここで紹介したや・・・」

MAMP

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

「コメントありがとうございます! そもそもできるかはわかりませんが、ソースを書き換える必要はあります。 下記記事などが参考になるかもしれません。 illustra・・・」

Illustorator

05_各種キーワードツール

「公開から14年振りの更新w デッドリンクを削除しました。ツール系は「SEO対策に役立つ便利ツール」に集約します。」

SEO

WP_Queryを使って絞り込み検索するのにコレは便利!

「「特定の「タイプ」に関連付けられた投稿を表示する場合」を一つの場合を追記し、複数の場合と分けました。」

WordPress

ホーム画面からの起動か判別する

「コメントありがとうございます。 この記事で紹介している機能は、記事内のサンプル「ホーム画面からの起動か判別する」というリンクをクリックすることで確認できます。 ・・・」

JavaScript

Javascriptでカレンダーを作ってみた

「JWOLさん> 祝日名を追加されるとのこと、いいですね!コメント&参考にしていただきありがとうございます!」

JavaScript

WordPressで記事の数を取得する → wp_count_posts() か found_posts

「絞り込み検索した場合の記事数の取得方法を追記しました。 $my_query->found_posts;」

WordPress

WEB制作マークアップJavaScriptJSONP Javascriptがちょっと分かってきたかも | シンプルシンプルデザイン