JavaScript

JSONP Javascriptがちょっと分かってきたかも

いまどき「マッシュアップ」という言葉を使うこと自体ちょっぴり恥ずかしいのですが、外部APIを連携する際のお覚書き。

これまで外部APIの連携は、「php」と「Ajax」でやっていたのですが、「jsonp」の手軽さに驚愕しました。
jsonpはセキュリティ的に使用上要注意とよく聞きます。
そのため、jsonpを使用することを避けてきたわけですが・・・。
これがどうして。
なんで今まで使わなかったんだろうと後悔です。

前置きはこのくらいにして、早速サンプルファイルを紹介(そのままコピペで試せます)。
JSONPを実装しようとすると、コールバック関数、オブジェクトとかいう言葉をよく聞きますが、一旦考えずに形だけ把握します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja" dir="ltr">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<meta http-equiv="Content-Language" content="ja" />
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
<script type="text/javascript">
function data(param){
alert(param.ビートルズ.リズムギター);
alert(param["ローリング・ストーンズ"]["ギター"]);
}
</script>
<script type="text/javascript">
data({
"ビートルズ":{
"リズムギター":"ジョン・レノン",
"ベース":"ポール・マッカートニー",
"リードギター":"ジョージ・ハリスン",
"ドラムス":"リンゴ・スター"
},
"ローリング・ストーンズ":{
"ギター":"ブライアン・ジョーンズ",
"リードボーカル":"ミック・ジャガー",
"ギター":"キース・リチャーズ",
"ドラムス":"チャーリー・ワッツ"
}
});
</script>
</head>
<body>
<p>alertで「ビートルズのリズムギター」と「ローリング・ストーンズのギター」を表示します。</p>
</body>
</html>

ここで注目するポイントは、
function data(param){
alert(param.ビートルズ.リズムギター);
alert(param["ローリング・ストーンズ"]["ギター"]);
}

まず、data()という関数を用意する。
dataという関数名は、その後に続くdata({~})のdataという名と一致させる必要がある。
dataという名前である必要はなく、callback()という関数を用意し、その後に続くデータをcallback({~})としても問題ない。

続いて、data()関数にparam(名前はなんでもよい)という引数を入れる。
このparamにすべてのデータが入っていると想像すると分かりやすいかも。

さらに、データの呼び出し方。
param.ビートルズ.リズムギター
と.(ドット)つなぎで情報をたどる方法と
param["ローリング・ストーンズ"]["ギター"]
と配列のようにつなぐ方法がある。
ただ、データが日本語の場合、配列のようにつながないと思わぬエラーの原因になりかねないので注意が必要だ。
試しに
param.ローリング・ストーンズ.ギター
と書き直すとエラーになるのが分かる。原因は、データ内に「・」があるため。

次に、下記ソースを外部化(とりあえず、サンプルファイルと同じ階層にsample.jsというファイル名)します。

data({
"ビートルズ":{
"リズムギター":"ジョン・レノン",
"ベース":"ポール・マッカートニー",
"リードギター":"ジョージ・ハリスン",
"ドラムス":"リンゴ・スター"
},
"ローリング・ストーンズ":{
"ギター":"ブライアン・ジョーンズ",
"リードボーカル":"ミック・ジャガー",
"ギター":"キース・リチャーズ",
"ドラムス":"チャーリー・ワッツ"
}
});

外部化したあとのソースは下記。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja" dir="ltr">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<meta http-equiv="Content-Language" content="ja" />
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
<script type="text/javascript">
function data(param){
alert(param.ビートルズ.リズムギター);
alert(param["ローリング・ストーンズ"]["ギター"]);
}
</script>
<script type="text/javascript" src="sample.js"></script>
</head>
<body>
<p>alertで「ビートルズのリズムギター」と「ローリング・ストーンズのギター」を表示します。</p>
</body>
</html>

実は、この「sample.js」にあたる部分を、JSONP形式で用意されたファイル名に置きなおすことで、JSONP形式で返ってくるデータ名を関数名に置き直すと、すでにマッシュアップの下準備が完了している。

FOOMOOのAPIを例にしてみよう。
※FOOMOOのAPIを利用するには、事前に登録が必要です。
http://webservice.recruit.co.jp/hotpepper/
ホットペッパー Webサービス

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja" dir="ltr">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<meta http-equiv="Content-Language" content="ja" />
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
<script type="text/javascript">
function callback(param){
alert(param.results.api_version);
alert(param.results.shop[0].name);
}
</script>
<script type="text/javascript" src="http://webservice.recruit.co.jp/hotpepper/gourmet/v1/?key=1f6b15afdba1e98d&large_area=Z011&format=jsonp"></script>
</head>
<body>
<p>alertでapiのバージョンとデータ一件目の店名を表示します。</p>
</body>
</html>

http://webservice.recruit.co.jp/hotpepper/gourmet/v1/?key=1f6b15afdba1e98d&large_area=Z011&format=jsonp
を直接たたくと分かるが、JSONP形式で返ってくるデータ名は「callback」である。そこで関数名を「callback」にし、呼び出したいデータを呼ぶ。

最後に、コールバック関数名の変更の仕方を紹介
実は提供側がサポートしているかによってしまうが、リクエストパラメータに試しに「callback=test」を追加して直打ちしてみる。
http://webservice.recruit.co.jp/hotpepper/gourmet/v1/?key=1f6b15afdba1e98d&large_area=Z011&format=jsonp&callback=test
JSONP形式で返ってくるデータ名が「test」に変わったのを確認できる。
つまりコールバック関数名が変わった。
この辺はAPIの提供側に依存するため、よしなに確認する。

最近の記事

GulpでERRが出てテンパった → gyp: No Xcode or CLT version detected! → PostCSS plugin autoprefixer requires PostCSS 8

Gulp。いつもは正常に動いている環境をそのままコピーして再利用するようにしている。そうすることで、案件ごとに毎回環境作りをする手間を省くことができ、何よりG・・・

制作効率化

ビジネス前提ワークシート

書籍「LEAN UX リーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン」から抜粋。 「前提の宣言」「MVPの作成」「実験の実行」「フィードバックとリサー・・・

知識編

リーン思考のUXデザイン

LEAN UX は、コラボレーションと部門/領域横断的な手法によって、製品の本質を素早く明らかにするための実践的手法であり、これによって文書への過度な依存を減・・・

知識編

ES6(ES2015)の主な変更点

オブジェクト指向 クラス定義 JavaScriptは厳密にはクラスがない、プロトタイプベースのオブジェクト指向言語。ES6でclass構文が導入さ・・・

JavaScript

JavaScriptスタイルガイド

書籍「メンテナブルJavaScript」と Google JavaScript Style Guide 和訳 を参考に自分なりのJavaScriptスタイルガ・・・

JavaScript

投稿を公開したときに指定したページにアクセスする

この記事では「管理画面で投稿やカスタム投稿の公開ステータスを更新したときに何かしらの処理をする」方法の備忘録です。 functions.php を修正し・・・

WordPress

ローカルフォントをWebフォント指定する

Google Fonts はとても便利だが、適用するまでの遅延が気になったので、同様の効果をローカルにあるフォントを利用して実現させる。 事前に用意する・・・

CSS

[ソフト] Web font用のwoff、woff2にフォントを変換する無料サービス

WOFFコンバータ ダウンロードhttps://opentype.jp/woffconv.htm 以下、リンク先の「概要」を抜粋。 フォント・・・

CSS

JSON

JSON.parse() 配列とオブジェクトのリテラル記法を組み合わせた文字列をデータとして取り扱えるようにする。 // JSONデータ let ・・・

JavaScript

いろいろな判定

真の場合。偽の場合は、!== を使う。 プリミティブ値の判定 文字列の判定 if (typeof a === 'string') {} ・・・

JavaScript

人気の記事

WP_Queryを使って絞り込み検索するのにコレは便利!

めっちゃ参考になるページを見つけた。 絞り込みをするたびに色々ググっていたが、これがあればほとんどのことが解決できそうな気がする。 参考: これは便利!Word・・・

WordPress

overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更する → scrollTop scrollLeft

まずはサンプル。 これは、overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更するサンプルです。 これは、overflowをautoにした要素のスクロ・・・

JavaScript

http://localhost:8888/ → http://localhost/

http://localhost:8888/ での参照ではなく、http://localhost/ で参照できるようにします。 MAMPの設定を変更する M・・・

MAMP

iframeの高さを自動調整する

iframeで呼び出した際、iframe自体はスクロールさせずに高さを取得してiframe全体を表示させます。 サンプル:iframeの高さを自動調整するデモ・・・

JavaScript

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

【2020年07月13日】 macOS Catalina(10.15.5) / Adobe iLLustrator 2020(24.2.1) にて動作確認済・・・

Illustorator

アーカイブページでカスタムフィールドやタクソノミーで絞り込みした状態でリスト表示する

<?php $args = array( 'paged' => 1, 'posts_per_page' => 20, 'post・・・

WordPress

Advanced Custom Fields を使った条件分岐(セレクトボックス、チェックボックス、ラジオボタン、真偽)のテンプレート記述方法

前回、「入力フォームを自由にカスタマイズできる「Advanced Custom Fields」」で基本的なフィールド名を出力方法を紹介したが、今度は条件分岐に関・・・

WordPress

管理画面のカスタム投稿一覧で並び順を変更する

WordPressの管理画面。「投稿」や「固定ページ」の一覧は、公開日順に並んでいる。ところが、カスタム投稿を追加した場合、公開順ではなく名前順に並んでいること・・・

WordPress

WordPressのカテゴリー一覧ページでカテゴリー名とスラッグを取得する → get_queried_object()

やりたいこと カテゴリー一覧ページで、そのカテゴリー一覧ページに属する記事一覧を取得するためにループさせるのとは別に、タイトルやカテゴリー別にデザインを変・・・

WordPress

カウントアップ、カウントダウンするJavaScript

ポイントを使ったり、増やしたりしたときに、結果のポイント数に差し替えるのではなくて、カウントアップしたり、カウントダウンして動的に動かそうと思って作ってみた。・・・

JavaScript

WEB制作マークアップJavaScriptJSONP Javascriptがちょっと分かってきたかも | シンプルシンプルデザイン