JavaScript

Javascriptでflash playerのバージョン判別

swfファイルをブラウザ上に表示するために、flash playerの有無やバージョンの判別をする最も普及しているといっても過言ではないライブラリ「swfobject」がある。実際に使用したことがないので詳細は不明だが、Dreamweaver CS4ではデフォルトで実装されているらしいので、今後「swfobject」のシェアは増加していくだろう。
でも、個人的にはライブラリに頼らずともIEの仕様に左右されることなく、期待通りのswf表示を実現していきたいと考えている。

前置きが長くなりました。個人的には、書き出したswfバージョンがflash playerのバージョンに足りていなかったら、最新版をインストールしてもらえばいい、という考えなのですが、どうしてもflash playerのバージョン判別をしなくてはならない状況(たとえば広告を表示する場合、最新版のFlash Playerのインストールを促すのは良い対策とは言えません)が発生してしまい対応に困っていました。
そこでググる。
adobeサイトで見つけたJavascriptは以下。

var plugin = ( navigator.mimeTypes && navigator.mimeTypes["application/x-shockwave-flash"] ?navigator.mimeTypes["application/x-shockwave-flash"].enabledPlugin : 0 );
alert( parseInt(plugin.description.match(/\d+\.\d+/)) );

ただ、このスクリプトではIEでは機能しません。IEでは「'description' は Nullまたはオブジェクトではありません。」というエラーを返してくるのです。

調べて知ったのですが、どうやらFlash Playerの格納場所と処理方法は、IEとIE以外で違うそうです。
イメージとしては、IEはシステムに組み込まれActiveXで実行され、それ以外はプログラムファイルのプラグインとして、各ブラウザのプラグインフォルダ内に格納されるといったところでしょうか。
IEでFlash Playerのバージョンを取得するには、下記のように記述するとよいらしいです。

var tmp = new
ActiveXObject("ShockwaveFlash.ShockwaveFlash").GetVariable("$version").match(/([0-9]+)/);
alert(tmp[0]);

IEとそれ以外で分別した記述をすることで、Javascriptでflash playerのバージョン判別することができるようになります。

if(navigator.plugins &&
navigator.mimeTypes['application/x-shockwave-flash']){
var plugin = navigator.mimeTypes["application/x-shockwave-flash"].enabledPlugin
var flashplayer_ver = parseInt(plugin.description.match(/\d+\.\d+/));
}else{
var flashOCX = new ActiveXObject("ShockwaveFlash.ShockwaveFlash").GetVariable("$version").match(/([0-9]+)/);
var flashplayer_ver = parseInt(flashOCX[0]);
}
alert(flashplayer_ver);

お〜、いい感じになりました。

ただ、http://groundwalker.com/blog/2007/08/flash_version_detection_with_javascript.htmlで気になる記述を見つけてしまいました。以下抜粋。

Flash Player のバージョンを得るポイント

  • IE以外は plugin=navigator.mimeTypes['application/x-shockwave-flash'].enabledPlugin から取得
    plugin=navigator.plugins['Shockwave Flash'] でも取得できるが、Macで QuickTimeでFlashを有効にしている場合、実際使われるプラグインじゃなくなってしまう。
  • IEは axo=new ActiveXObject('ShockwaveFlash.ShockwaveFlash.x') から取得 ※xはバージョンによって変わる
    • ver2以下: x=なし
    • ver3〜5: x=3
    • ver6: x=6
    • ver7以降: x=7
  • axo の場合 GetVariable("$version") で "WIN 6,0,21,0" みたいなバージョン文字列が得られる
    ただし、verion 6.0.22〜29はこれを呼ぶとIEがクラッシュする(ほんとにクラッシュする。。)。また、ver3はこれを呼ぶとthrowする。
  • plugin の場合、plugin.description から "Shockwave Flash 9.0 r28" みたなバージョン文字列が得られる
    ただし、MacでQuickTimeでFlash再生するように設定していると、QuickTimeプラグインの説明文字列が返るので注意

え?クラッシュ!?これは危険すぎる!とてもじゃないけど、Flash Player 6だけはインストールしたくない。
というか、アクセス解析でFlash Playerのバージョンをチェックして、シェアによっては、バージョン6以下は切り捨てる対応もありかもしれない(ちなみにhttp://groundwalker.com/blog/2007/08/flash_version_detection_with_javascript.htmlでは、すべてのバージョンの判別方法が記述されています)。

というわけで、以上を踏まえ、自分なりのflash playerのバージョン判別JSを作成してみました。

Javascriptでflash playerのバージョン判別のまとめ

仕様
Flash Playerのメジャーバージョンを抽出する
バージョン6以下は、値を「0」にする
Flash Playerがインストールされていない場合は、値を「0」にする

function FlashPlayerVer(){
//初期設定
var flashplayer_ver = 0;
//IE以外の場合
if(navigator.plugins && navigator.mimeTypes['application/x-shockwave-flash']){
var plugin = navigator.mimeTypes["application/x-shockwave-flash"].enabledPlugin;
//Flash Playerがインストールされている場合
if(plugin){flashplayer_ver = parseInt(plugin.description.match(/\d+\.\d+/));}
}
//IEの場合
else{
var flashOCX = new ActiveXObject("ShockwaveFlash.ShockwaveFlash").GetVariable("$version").match(/([0-9]+)/);
//Flash Playerがインストールされている場合
if(flashOCX){flashplayer_ver = parseInt(flashOCX[0]);}
}
//Flash Playerがインストールされていない、もしくはバージョンが6以下の場合
if(flashplayer_ver <= 6){flashplayer_ver = 0;}
return flashplayer_ver;
}

これにて一件落着、かと思ったのですが、まだ詰めがあります。
IE以外でFlash Playerがインストールされていない場合、これだとエラーが出てしまうのです。
そこで、try catchを追加して完成させます。

function FlashPlayerVer(){
//初期設定
var flashplayer_ver = 0;
//IE以外の場合
if(navigator.plugins && navigator.mimeTypes['application/x-shockwave-flash']){
var plugin = navigator.mimeTypes["application/x-shockwave-flash"].enabledPlugin;
//Flash Playerがインストールされている場合
if(plugin){flashplayer_ver = parseInt(plugin.description.match(/\d+\.\d+/));}
}
//IEの場合、もしくはFlash Playerがインストールされていない場合
else{
//IEでFlash Playerがインストールされている場合
try{
var flashOCX = new ActiveXObject("ShockwaveFlash.ShockwaveFlash").GetVariable("$version").match(/([0-9]+)/);
if(flashOCX){flashplayer_ver = parseInt(flashOCX[0]);}
}catch(e){}
}
//Flash Playerがインストールされていない、もしくはバージョンが6以下の場合
if(flashplayer_ver <= 6){flashplayer_ver = 0;}
return flashplayer_ver;
}

<ここから2011年7月26日追記>
どうやら、IEの場合のバージョン取得時に、ShockwaveFlash.ShockwaveFlash ではうま取得できない場合があるみたいだったので、IEの場合の分岐を修正します。

function FlashPlayerVer(){
//初期設定
var flashplayer_ver = 0;
//IE以外の場合
if(navigator.plugins && navigator.mimeTypes['application/x-shockwave-flash']){
var plugin = navigator.mimeTypes["application/x-shockwave-flash"].enabledPlugin;
//Flash Playerがインストールされている場合
if(plugin){flashplayer_ver = parseInt(plugin.description.match(/\d+\.\d+/));}
}
//IEの場合、もしくはFlash Playerがインストールされていない場合
else{
var flashOCX;
try{
flashOCX = new ActiveXObject("ShockwaveFlash.ShockwaveFlash.7").GetVariable("$version").match(/([0-9]+)/);
}catch(e){
try{
flashOCX = new ActiveXObject("ShockwaveFlash.ShockwaveFlash").GetVariable("$version").match(/([0-9]+)/);
}catch(e){}
}
//IEでFlash Playerがインストールされている場合
if(flashOCX){flashplayer_ver = parseInt(flashOCX[0]);}

}
//Flash Playerがインストールされていない、もしくはバージョンが6以下の場合
if(flashplayer_ver <= 6){flashplayer_ver = 0;}
return flashplayer_ver;
}

<ここまで2011年7月26日追記>

サンプル
お使いのFlash Playerのバージョン:


ちなみに、ActionscriptでFlashPlayerのバージョン判別

また、http://www.adobe.com/jp/devnet/flashplayer/articles/ver_check_flp10.htmlでは、Actionscript内でFlashPlayerのバージョン判別方法が載っているので、合わせて参考にしたい(以下抜粋)。

// AS1 の場合
trace( getVersion().split( " " )[1].split( "," )[0] ); // "10" と出力されます
// AS2 の場合
trace( System.capabilities.version.split( " " )[1].split( "," )[0] ); // "10" と出力されます
// AS3 の場合
import flash.system.Capabilities;
trace( Capabilities.version.split( " " )[1].split( "," )[0] ); // "10" と出力されます

最近の記事

MAMP を 5.7 から 6.2 にアップデートした

5年以上前と比べると、アップデートが簡単で驚く。とくに記事にするまでもないと思いつつ、一応備忘録。 インストールすると、既存のディレクトリはそのままに別・・・

MAMP

Briefly unavailable for scheduled maintenance. Check back in a minute. → . maintenance を削除

プラグインを更新中に、誤って、違うページにアクセスしまいました。すると、管理画面だけでなく、公開中のすべての画面が「briefly unavailable f・・・

WordPress

GulpでERRが出てテンパった → gyp: No Xcode or CLT version detected! → PostCSS plugin autoprefixer requires PostCSS 8

Gulp。いつもは正常に動いている環境をそのままコピーして再利用するようにしている。そうすることで、案件ごとに毎回環境作りをする手間を省くことができ、何よりG・・・

制作効率化

ビジネス前提ワークシート

書籍「LEAN UX リーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン」から抜粋。 「前提の宣言」「MVPの作成」「実験の実行」「フィードバックとリサー・・・

知識編

リーン思考のUXデザイン

LEAN UX は、コラボレーションと部門/領域横断的な手法によって、製品の本質を素早く明らかにするための実践的手法であり、これによって文書への過度な依存を減・・・

知識編

ES6(ES2015)の主な変更点

オブジェクト指向 クラス定義 JavaScriptは厳密にはクラスがない、プロトタイプベースのオブジェクト指向言語。ES6でclass構文が導入さ・・・

JavaScript

JavaScriptスタイルガイド

書籍「メンテナブルJavaScript」と Google JavaScript Style Guide 和訳 を参考に自分なりのJavaScriptスタイルガ・・・

JavaScript

投稿を公開したときに指定したページにアクセスする

この記事では「管理画面で投稿やカスタム投稿の公開ステータスを更新したときに何かしらの処理をする」方法の備忘録です。 functions.php を修正し・・・

WordPress

ローカルフォントをWebフォント指定する

Google Fonts はとても便利だが、画面に表示するまでの遅延が気になったので、同様の効果をローカルにあるフォントを利用して実現させる。 事前に用・・・

CSS

[ソフト] Web font用のwoff、woff2にフォントを変換する無料サービス

WOFFコンバータ ダウンロードhttps://opentype.jp/woffconv.htm 以下、リンク先の「概要」を抜粋。 フォント・・・

CSS

人気の記事

overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更する → scrollTop scrollLeft

まずはサンプル。 これは、overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更するサンプルです。 これは、overflowをautoにした要素のスクロ・・・

JavaScript

WP_Queryを使って絞り込み検索するのにコレは便利!

めっちゃ参考になるページを見つけた。 絞り込みをするたびに色々ググっていたが、これがあればほとんどのことが解決できそうな気がする。 参考: これは便利!Word・・・

WordPress

http://localhost:8888/ → http://localhost/

http://localhost:8888/ での参照ではなく、http://localhost/ で参照できるようにします。 MAMPの設定を変更する M・・・

MAMP

iframeの高さを自動調整する

iframeで呼び出した際、iframe自体はスクロールさせずに高さを取得してiframe全体を表示させます。 サンプル:iframeの高さを自動調整するデモ・・・

JavaScript

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

【2020年07月13日】 macOS Catalina(10.15.5) / Adobe iLLustrator 2020(24.2.1) にて動作確認済・・・

Illustorator

Advanced Custom Fields を使った条件分岐(セレクトボックス、チェックボックス、ラジオボタン、真偽)のテンプレート記述方法

前回、「入力フォームを自由にカスタマイズできる「Advanced Custom Fields」」で基本的なフィールド名を出力方法を紹介したが、今度は条件分岐に関・・・

WordPress

管理画面のカスタム投稿一覧で並び順を変更する

WordPressの管理画面。「投稿」や「固定ページ」の一覧は、公開日順に並んでいる。ところが、カスタム投稿を追加した場合、公開順ではなく名前順に並んでいること・・・

WordPress

カウントアップ、カウントダウンするJavaScript

ポイントを使ったり、増やしたりしたときに、結果のポイント数に差し替えるのではなくて、カウントアップしたり、カウントダウンして動的に動かそうと思って作ってみた。・・・

JavaScript

アーカイブページでカスタムフィールドやタクソノミーで絞り込みした状態でリスト表示する

<?php $args = array( 'paged' => 1, 'posts_per_page' => 20, 'post・・・

WordPress

WordPressのカテゴリー一覧ページでカテゴリー名とスラッグを取得する → get_queried_object()

やりたいこと カテゴリー一覧ページで、そのカテゴリー一覧ページに属する記事一覧を取得するためにループさせるのとは別に、タイトルやカテゴリー別にデザインを変・・・

WordPress

WEB制作マークアップJavaScriptJavascriptでflash playerのバージョン判別 | シンプルシンプルデザイン