JavaScript

コンテンツを開いたり閉じたりする

Level 1

(x)html
<p>
<a href="#" onclick="openConts();">クリックすると、コンテンツが開く</a>
</p>
<div id="OpenConts">
<p>コンテンツテキスト、コンテンツテキスト、コンテンツテキスト、コンテンツテキスト、</p>
<p>
<a href="#" onclick="closeConts();">クリックすると、コンテンツが閉じる</a>
</p>
</div>
css
#OpenConts{
 display:none;
 }
javascript
function openConts(){
 document.getElementById("OpenConts").style.display = "block";
 return false;
 }
function closeConts(){
 document.getElementById("OpenConts").style.display = "none";
 return false;
 }
  • クリックしないと見えないコンテンツに、id属性「OpenConts」を指定する。
  • クリックするとコンテンツが開くようにする箇所にaタグを、そのaタグにonclick属性「openConts();」を指定する。
  • クリックするとコンテンツが閉じるにする箇所にaタグを、そのaタグにonclick属性「openConts();」を指定する。

たったこれだけで、コンテンツを開いたり閉じたりすることができるようになる。

まずは満足。

でもこのままではいくつか問題がある。

  • javascript未対応やcss未対応への配慮が足りない(アクセシビリティ、ユーザビリティ面での問題)
    cssでコンテンツを非表示にし、javascriptで表示・非表示のコントロールをしている。そのため、javascriptが未対応であれば、cssでコンテンツを非表示にしたコンテンツを閲覧することができなくなってしまう。クリックしても何の変化もないのに「クリックすると、コンテンツが開く」「クリックすると、コンテンツが閉じる」というテキストが表示されているのはいかがなものか。
  • 「id」属性を指定している(運用面での問題)
    1ページにコンテンツを開いたり閉じたりするパーツを複数用意したい場合は、パーツの数だけid属性を名前を変えて用意する必要がある(html、css、javascriptの3ファイルすべてが対象)。更新作業でコンテンツを開いたり閉じたりするパーツを用意する場合もやはり3ファイルの更新が必要であり、管理が面倒である。

Level 2では、まず「javascript、css未対応への配慮」も視野に入れて考えよう。

Level 2

ポイントは、javascriptが有効でない場合、「クリックすると、コンテンツが開く」「クリックすると、コンテンツが閉じる」は表示されないようにすること。
こうすることで、反応のないリンクは排除することできる。また、コンテンツは常に開いた状態になるが、コンテンツが表示されないことによる情報の未伝達を防ぐことができる。

(x)html
<div id="OpenConts">
<p>コンテンツテキスト、コンテンツテキスト、コンテンツテキスト、コンテンツテキスト、</p>
</div>
css
.OpenConts{
 display:none;
 }
javascript

window.onload = OpenClose;
function OpenClose(){
 var OpenConts = document.getElementById("OpenConts");
 OpenConts.className = "OpenConts";
 var partsOpen = document.createElement("p");
 var partsOpenText = document.createTextNode("クリックすると、コンテンツが開く");
 partsOpen.appendChild(partsOpenText);
 var partsParent = OpenConts.parentNode;
 partsParent.insertBefore(partsOpen,OpenConts);
 partsOpen.onclick = function(){
 document.getElementById("OpenConts").style.display = "block";
 return false;
 }

 var partsClose = document.createElement("p");
 var partsCloseText = document.createTextNode("クリックすると、コンテンツが閉じる");
 partsClose.appendChild(partsCloseText);
 OpenConts.appendChild(partsClose);
 partsClose.onclick = function(){
 document.getElementById("OpenConts").style.display = "none";
 return false;
 }
}

(x)htmlファイルを見て分かる通り、無駄な記述が削除されているが、ブラウザでの表示はLevel1とほぼ同じだ(上記の例ではリンク部分のスタイルがLevel 1とは違う)。

ちなみにスクリプトの流れは以下のとおり。

  1. id属性「OpenConts」を含むタグ(要素)を抽出
  2. そのタグ(要素)にclass属性「OpenConts」を追加(id属性「OpenConts」内が非表示になる)
  3. そのタグ(要素)の前に、「クリックすると、コンテンツが開く」パーツを作成
  4. そのパーツをクリックすると、id属性「OpenConts」内が表示されるようにする
  5. id属性「OpenConts」内の最後に「クリックすると、コンテンツが閉じる」パーツを作成
  6. そのパーツをクリックすると、id属性「OpenConts」内が非表示されるようにする

とはいえ、これでも万全とは言い難い。

  • ページ内にid属性「OpenConts」が必ず存在することを前提にスクリプトが書かれている。
    (x)htmlファイル内で、id属性「OpenConts」を削除した場合、その箇所のスクリプトも削除しなければいけないが、それを忘れてしまうとスクリプトエラーになってしまう。
  • 仮にすでにid属性「OpenConts」にすでにclass属性がある場合、class属性「OpenConts」を上書いてしまうのだ。
  • window.onloadを使用しているが、スクリプトがこれだけなら問題ないが、ページがロードされた際に実行する他のファンクションへの配慮がない。

これらに加え、Level 1でも指摘した運用面の問題がある。

最近の記事

投稿を公開したときに指定したページにアクセスする

この記事では「管理画面で投稿やカスタム投稿の公開ステータスを更新したときに何かしらの処理をする」方法の備忘録です。 functions.php を修正し・・・

WordPress

ローカルフォントをWebフォント指定する

Google Fonts はとても便利だが、適用するまでの遅延が気になったので、同様の効果をローカルにあるフォントを利用して実現させる。 事前に用意する・・・

CSS

[ソフト] Web font用のwoff、woff2にフォントを変換する無料サービス

WOFFコンバータ ダウンロードhttps://opentype.jp/woffconv.htm 以下、リンク先の「概要」を抜粋。 フォント・・・

CSS

JSON

JSON.parse() 配列とオブジェクトのリテラル記法を組み合わせた文字列をデータとして取り扱えるようにする。 // JSONデータ let ・・・

JavaScript

いろいろな判定

真の場合。偽の場合は、!== を使う。 プリミティブ値の判定 文字列の判定 if (typeof a === 'string') {} ・・・

JavaScript

Custom Post Type UI で 投稿画面にタクソノミー が表示されなくなった場合 → REST API

数ヶ月前、WordPress本体をバージョンアップして、エディタがガラリと変わった。その際、それまでサイドナビに、Custom Post Type UI(CP・・・

WordPress

なるほどデザイン

書籍「なるほどデザイン」を読んだときにメモしたノートが出てきた。3, 4年前に読んだ本。テキストのみで備忘録として残しておくが実際はイラストと合わせ・・・

デザイン

グーグルの考えるデザインガイドライン

使えるデザインになっている?→ デザインは正しいインプットによって、人の暮らしや夢を助けるツールサクサクと動く、機能するデザインになっている?→ デザインが機・・・

デザイン

売れるデザイン

書籍「売れるデザインのしくみ」を読んだときにメモしたノートが出てきた。3, 4年前に読んだ本。2009年に出版されたと知って驚き。10年前と言えば、・・・

マーケティング・ブランディング

スタバに学ぶ。

書籍「スターバックスはなぜ値下げもテレビCMもしないのに強いブランドでいられるのか?」を読んだときにメモしたノートが出てきた。3, 4年前に読んだ本。20・・・

マーケティング・ブランディング

人気の記事

overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更する → scrollTop scrollLeft

まずはサンプル。 これは、overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更するサンプルです。 これは、overflowをautoにした要素のスクロ・・・

JavaScript

iframeの高さを自動調整する

iframeで呼び出した際、iframe自体はスクロールさせずに高さを取得してiframe全体を表示させます。 サンプル:iframeの高さを自動調整するデモ・・・

JavaScript

WP_Queryを使って絞り込み検索するのにコレは便利!

めっちゃ参考になるページを見つけた。 絞り込みをするたびに色々ググっていたが、これがあればほとんどのことが解決できそうな気がする。 参考: これは便利!Word・・・

WordPress

http://localhost:8888/ → http://localhost/

http://localhost:8888/ での参照ではなく、http://localhost/ で参照できるようにします。 MAMPの設定を変更する M・・・

MAMP

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

【2020年07月13日】 macOS Catalina(10.15.5) / Adobe iLLustrator 2020(24.2.1) にて動作確認済・・・

Illustorator

背景画像の拡大・縮小 → background-size !

W3Cで「モジュール背景とボーダー」について2011年2月15日付けで更新されてますね。 CSS3では、背景画像の幅・高さを拡大・縮小するプロパティが追加され・・・

CSS

アーカイブページでカスタムフィールドやタクソノミーで絞り込みした状態でリスト表示する

<?php $args = array( 'paged' => 1, 'posts_per_page' => 20, 'post・・・

WordPress

Advanced Custom Fields を使った条件分岐(セレクトボックス、チェックボックス、ラジオボタン、真偽)のテンプレート記述方法

前回、「入力フォームを自由にカスタマイズできる「Advanced Custom Fields」」で基本的なフィールド名を出力方法を紹介したが、今度は条件分岐に関・・・

WordPress

WordPressのカテゴリー一覧ページでカテゴリー名とスラッグを取得する → get_queried_object()

やりたいこと カテゴリー一覧ページで、そのカテゴリー一覧ページに属する記事一覧を取得するためにループさせるのとは別に、タイトルやカテゴリー別にデザインを変・・・

WordPress

カウントアップ、カウントダウンするJavaScript

ポイントを使ったり、増やしたりしたときに、結果のポイント数に差し替えるのではなくて、カウントアップしたり、カウントダウンして動的に動かそうと思って作ってみた。・・・

JavaScript

WEB制作マークアップJavaScriptコンテンツを開いたり閉じたりする | シンプルシンプルデザイン