ライブラリ

スマートフォンでも使えるフォトスライド

フォトスライド。
確かに様々な優秀なライブラリがすでにある。
jQueryを使ったもの(たとえば、30 Best jQuery Photo Pluginsで紹介されているような)やprototypejsなど。
ただ、優秀すぎるゆえにデザインされすぎているのが多い印象。「そこまでの機能はいらない」「もっとさくっとカスタマイズしたい」「機能だけがほしい。デザインは自分で作りたい」そして「スマートフォンでも使いたい」。
こう考えたときのライブラリが見つけられなかった(そもそもスキル不足によりカスタマイズ方法がピンとこなくて思うようにできなかった・・・)。

そこで、「だったら作っちゃえ」ってノリでhtml5のタグ要素とCSS3を使ってみたら、超シンプルなソースで作れたのでご紹介(スマートフォンにも対応したフォトライブラリのサンプル)。

UI - 特徴

まず、スマートフォンで使用することを前提としました。

  • フォト画像を表示する領域は固定。
  • フォト画像自体の縦横サイズはフォト画像ごとに違ってもセンタリング表示(リサイズなし)。
  • 表示領域をシンプルにするために「フォト画像+サムネイル」という見せ方はなしとし、フォト画像を変更する場合は「前へ」「次へ」の矢印アイコンで対応。
  • フォト画像をクリック(PCではマウスオーバー)したときに補足情報を表示。
  • 同じページで複数のフォトスライドを使用可能。

設計

プログレッシブ・エンハンスメントを適用し、html5でマークアップ、CSS3を使用。
IE6やレガシーブラウザはそもそも対象外とし、ばっさり見捨てます。

さらにシンプル実装するために下記、意識しました。

  • 必須設定は、フォト画像を表示する縦横のサイズのみ。
  • 矢印アイコンは背景画像とし、画像の参照先を変更するだけで矢印アイコンを変更。
  • 変更したいだろうな、という項目を別途用意し、デフォルトを上書きできるようにする。
  • 不要なオプションはマークアップから削るだけ。

マークアップにちょっと癖がありますが、実際のソースでご説明します。
スマートフォンにも対応したフォトライブラリのサンプルでは、ベーシック、シンプル、カスタマイズ、複数、の4パターンを用意しています。

サンプルソース

html(head内)(※1)
<link rel="stylesheet" href="https://sample.simplesimplesdesign.com/slide/aitm_slide.css" media="all" />
<script src="https://sample.simplesimplesdesign.com/slide/aitm_slide.js"></script>
html(body内)

<div id="photo_area_slide" class="photo_slide">
<div id="photo_area_prev" class="photo_prev"><div>前へ</div></div>
<div id="photo_area_wrap" class="photo_wrap">
<div id="photo_area" class="photo">

<figure class="caption_off">
<div class="img_wrap"><img src="1.jpg" alt="" /></div>
<figcaption>
<p class="top">上テキスト1</p>
<p class="bottom">下テキスト1</p>
</figcaption>
</figure>

<figure class="caption_off">
<div class="img_wrap"><img src="2.jpg" alt="" /></div>
<figcaption>
<p class="top">上テキスト2</p>
<p class="bottom">下テキスト2</p>
</figcaption>
</figure>
<figure class="caption_off">
<div class="img_wrap"><img src="3.jpg" alt="" /></div>
<figcaption>
<p class="top">上テキスト3</p>
<p class="bottom">下テキスト3</p>
</figcaption>
</figure>
<figure class="caption_off">
<div class="img_wrap"><img src="4.jpg" alt="" /></div>
<figcaption>
<p class="top">画像が大きい場合</p>
<p class="bottom">はみ出たとこは非表示でセンタリング</p>
</figcaption>
</figure>
<figure class="caption_off">
<div class="img_wrap"><img src="5.jpg" alt="" /></div>
<figcaption>
<p class="top">画像が小さい場合</p>
<p class="bottom">センタリング表示</p>
</figcaption>
</figure>

</div>
</div>
<div id="photo_area_next" class="photo_next"><div>次へ</div></div>
<!--.photo_slide--></div>

CSS

#photo_area_wrap,
#photo_area figure,
#photo_area .img_wrap{width:250px;}

#photo_area_slide,
#photo_area figure,
#photo_area .img_wrap{height:188px;}

JavaScript(※2)
window.onload = function(){photoSlide("photo_area");}
  • ※1 適時、ローカルにコピーしてご利用ください(クリエイティブ・コモンズ)。
  • ※2 DOMが生成されたタイミングで関数「photoSlide("photo_area");」を実行してください(addEventListenerやjQueryであればreadyなんかに置き換えてください)。
  • IEもターゲットにする場合は、IEでhtml5のタグを認識させる必要があります(タグ自体を変更する場合は、※1のCSSとJavaScriptを修正する必要があります)。

実装方法

サンプルソースの強調表示したところだけ修正すれば、とりあえずのお試しができます。

  1. aitm_slide.cssとaitem_slide.jsをheadタグ内で読み込み
  2. 画像を表示させる縦横サイズをCSSで指定(例では、幅250px、高さ188px)
  3. figureタグで囲まれた部分をまるっとコピーして、画像分用意
  4. JavaScriptでphotoSlide("photo_area")を実行

補足説明

必須箇所

html(body内)

<div id="photo_area_slide" class="photo_slide">
<div id="photo_area_prev" class="photo_prev"><div>前へ</div></div>
<div id="photo_area_wrap" class="photo_wrap">
<div id="photo_area" class="photo">

<figure class="caption_off">
<div class="img_wrap"><img src="1.jpg" alt="" /></div>
<figcaption>
<p class="top">上テキスト1</p>
<p class="bottom">下テキスト1</p>
</figcaption>
</figure>

</div>
</div>
<div id="photo_area_next" class="photo_next"><div>次へ</div></div>
<!--.photo_slide--></div>

強調表示されているところが変更してはいけないところです。ここを変更したい場合は、aitm_slide.cssとaitem_slide.jsの修正が必要です。

画像:マークアップ図説

idについて

html(body内)

<div id="photo_area_slide" class="photo_slide">
<div id="photo_area_prev" class="photo_prev"><div>前へ</div></div>
<div id="photo_area_wrap" class="photo_wrap">
<div id="photo_area" class="photo">

<figure class="caption_off">
<div class="img_wrap"><img src="1.jpg" alt="" /></div>
<figcaption>
<p class="top">上テキスト1</p>
<p class="bottom">下テキスト1</p>
</figcaption>
</figure>

</div>
</div>
<div id="photo_area_next" class="photo_next"><div>次へ</div></div>
<!--.photo_slide--></div>

JavaScript(※2)
window.onload = function(){photoSlide("photo_area");}

id名に注目してください。共通ワードがあることが分かると思います(この例では「photo_area」)。
この共通ワードをもとに他のid名を決定しています(この例では「photo_area_slide」や「photo_area_wrap」、「photo_area_prev」など)。
この共通ワードを変更して使用することで、同じページ内で複数のフォトスライドを共存できるようになります(複数サンプル)。

さらにaitm_slide.cssで設定されたCSSレイアウトも、この共通ワードをもとに決定したid名を使って上書きすることができます(カスタマイズサンプル)。スライドや写真の補足情報が表示される速度、写真フレーム線、矢印アイコンなどを変更できます。

htmlをもっとシンプルにする

画像自体に補足情報が要らない場合もあるでしょう。そのようなときは、htmlソースのfigcaptionタグを削除するだけで完了です((シンプルサンプル)。

html(body内)

<div id="photo_area_slide" class="photo_slide">
<div id="photo_area_prev" class="photo_prev"><div>前へ</div></div>
<div id="photo_area_wrap" class="photo_wrap">
<div id="photo_area" class="photo">

<figure class="caption_off">
<div class="img_wrap"><img src="1.jpg" alt="" /></div>
</figure>

</div>
</div>
<div id="photo_area_next" class="photo_next"><div>次へ</div></div>
<!--.photo_slide--></div>

というわけで、あとはスマートフォンにも対応したフォトライブラリのサンプルで確認していただければと思います。

余談

aitm_slide.js

function photoSlide(elem){
// 必須要素
var t = document.getElementById(elem);
var w_w = document.getElementById(elem+"_wrap");
var p = document.getElementById(elem+"_prev");
var n = document.getElementById(elem+"_next");
if(t && w_w && p && n){
// boxレイアウト未対応用(IE8 Opera11)
if(/*@cc_on!@*/0 || navigator.userAgent.indexOf("Presto") != -1){
w_w.className += " ie";
p.className += " ie";
n.className += " ie";
};

// デフォルト設定
var now = 1;
var w = w_w.offsetWidth;
var f = t.getElementsByTagName("figure");
var c = f.length;
if(c>1){n.style.visibility = "visible";}else{return false;}
t.style.width = (w*c) + "px";

// 前後ファンクション
function prevSlide(){
now--;
p.style.visibility = now == 1?"hidden":"visible";
n.style.visibility = now == c?"hidden":"visible";
t.style.left = "-" + (w*now-w) + "px";
}
function nextSlide(){
t.style.left = "-" + (w*now) + "px";
now++;
p.style.visibility = now == 1?"hidden":"visible";
n.style.visibility = now == c?"hidden":"visible";
}

// 前後イベント
if(typeof document.documentElement.ontouchstart == "object" && typeof document.documentElement.ontouchend == "object"){
p.ontouchend = function(){prevSlide();}
n.ontouchend = function(){nextSlide();}
for(var i=0;i<c;i++){
f[i].ontouchstart = function(){this.className = this.className == "caption_off"?"caption_on":"caption_off";}
}
}else{
p.onclick = function(){prevSlide();}
n.onclick = function(){nextSlide();}
for(var i=0;i<c;i++){
f[i].onmouseover = function(){this.className = "caption_on";}
f[i].onmouseout = function(){this.className = "caption_off";}
}
}
}
}

aitm_slide.css

/*for ie or Opera*/
.photo_prev.ie,
.photo_next.ie{float:left;width:30px;}
.photo_wrap.ie{float:left;}

/*common*/
.photo_slide{display:-moz-box;display:-webkit-box;display:-ms-box;display:box;width:100%;-moz-box-sizing: border-box;-webkit-box-sizing: border-box;-ms-box-sizing: border-box;box-sizing: border-box;}
.photo_prev,.photo_next{height:100%;-webkit-box-flex: 1;-moz-box-flex: 1;box-flex: 1;}
.photo_prev{visibility:hidden;background-image:url(prev.png);background-position:right center;background-repeat:no-repeat;}
.photo_next{visibility:hidden;background-image:url(next.png);background-position:left center;background-repeat:no-repeat;}
.photo_prev div,.photo_next div{display:none;}
.photo_wrap{position:relative;height:100%;overflow:hidden;border:1px solid #eee;-moz-box-sizing: border-box;-webkit-box-sizing: border-box;-ms-box-sizing: border-box;box-sizing: border-box;}
.photo{position:absolute;top:0;left:0;height:100%;-webkit-transition: .3s;-moz-transition: .3s;-ms-transition: .3s;transition: .3s;}
.photo figure{position:relative;top:0;left:0;display:block;float:left;overflow:hidden;}
.photo .img_wrap{display:table-cell;margin:0;padding:0;text-align:center;vertical-align:middle;}
.photo .top,.photo .bottom{position:absolute;left:0;display:block;width:100%;margin:0;padding:3px;background-color:#444;color:#aaa;-moz-box-sizing: border-box;-webkit-box-sizing: border-box;-ms-box-sizing: border-box;box-sizing: border-box;opacity:0;filter:alpha(opacity="0");}
.photo .top{top:0;}
.photo .bottom{bottom:0;}
.photo .caption_on .top,.photo .caption_on .bottom{opacity:0.9;filter:alpha(opacity="90");-webkit-transition: .3s;-moz-transition: .3s;-ms-transition: .3s;transition: .3s;}

ライブラリとはいえ、ソースはこれだけです。めっちゃ軽いです。下記ポイント。

  • CSS3で追加される予定のdisplay:box;ですが、IE8とOpera11では機能しません。そのため、IEとOperaの場合は、class名に「ie」を追加し、floatで対応しています。
  • スライドさせるときは、CSS3で追加される予定のtransitionプロパティを使用しています。現状(2011年3月現在)Google Chrome、Safariでしか機能しませんが、他ブラウザではスライドしないだけでスライド自体がマストではないため、プログレッシブ・エンハンス的にこれでよしとしています。
  • スマートフォンとPCのイベント処理をそれぞれに最適化(ontouchstartとonmouseoverなど)するよう振り分けています。

最近の記事

ビジネス前提ワークシート

書籍「LEAN UX リーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン」から抜粋。 「前提の宣言」「MVPの作成」「実験の実行」「フィードバックとリサー・・・

知識編

リーン思考のUXデザイン

LEAN UX は、コラボレーションと部門/領域横断的な手法によって、製品の本質を素早く明らかにするための実践的手法であり、これによって文書への過度な依存を減・・・

知識編

ES6(ES2015)の主な変更点

オブジェクト指向 クラス定義 JavaScriptは厳密にはクラスがない、プロトタイプベースのオブジェクト指向言語。ES6でclass構文が導入さ・・・

JavaScript

JavaScriptスタイルガイド

書籍「メンテナブルJavaScript」と Google JavaScript Style Guide 和訳 を参考に自分なりのJavaScriptスタイルガ・・・

JavaScript

投稿を公開したときに指定したページにアクセスする

この記事では「管理画面で投稿やカスタム投稿の公開ステータスを更新したときに何かしらの処理をする」方法の備忘録です。 functions.php を修正し・・・

WordPress

ローカルフォントをWebフォント指定する

Google Fonts はとても便利だが、適用するまでの遅延が気になったので、同様の効果をローカルにあるフォントを利用して実現させる。 事前に用意する・・・

CSS

[ソフト] Web font用のwoff、woff2にフォントを変換する無料サービス

WOFFコンバータ ダウンロードhttps://opentype.jp/woffconv.htm 以下、リンク先の「概要」を抜粋。 フォント・・・

CSS

JSON

JSON.parse() 配列とオブジェクトのリテラル記法を組み合わせた文字列をデータとして取り扱えるようにする。 // JSONデータ let ・・・

JavaScript

いろいろな判定

真の場合。偽の場合は、!== を使う。 プリミティブ値の判定 文字列の判定 if (typeof a === 'string') {} ・・・

JavaScript

Custom Post Type UI で 投稿画面にタクソノミー が表示されなくなった場合 → REST API

数ヶ月前、WordPress本体をバージョンアップして、エディタがガラリと変わった。その際、それまでサイドナビに、Custom Post Type UI(CP・・・

WordPress

人気の記事

overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更する → scrollTop scrollLeft

まずはサンプル。 これは、overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更するサンプルです。 これは、overflowをautoにした要素のスクロ・・・

JavaScript

iframeの高さを自動調整する

iframeで呼び出した際、iframe自体はスクロールさせずに高さを取得してiframe全体を表示させます。 サンプル:iframeの高さを自動調整するデモ・・・

JavaScript

WP_Queryを使って絞り込み検索するのにコレは便利!

めっちゃ参考になるページを見つけた。 絞り込みをするたびに色々ググっていたが、これがあればほとんどのことが解決できそうな気がする。 参考: これは便利!Word・・・

WordPress

http://localhost:8888/ → http://localhost/

http://localhost:8888/ での参照ではなく、http://localhost/ で参照できるようにします。 MAMPの設定を変更する M・・・

MAMP

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

【2020年07月13日】 macOS Catalina(10.15.5) / Adobe iLLustrator 2020(24.2.1) にて動作確認済・・・

Illustorator

アーカイブページでカスタムフィールドやタクソノミーで絞り込みした状態でリスト表示する

<?php $args = array( 'paged' => 1, 'posts_per_page' => 20, 'post・・・

WordPress

背景画像の拡大・縮小 → background-size !

W3Cで「モジュール背景とボーダー」について2011年2月15日付けで更新されてますね。 CSS3では、背景画像の幅・高さを拡大・縮小するプロパティが追加され・・・

CSS

Advanced Custom Fields を使った条件分岐(セレクトボックス、チェックボックス、ラジオボタン、真偽)のテンプレート記述方法

前回、「入力フォームを自由にカスタマイズできる「Advanced Custom Fields」」で基本的なフィールド名を出力方法を紹介したが、今度は条件分岐に関・・・

WordPress

WordPressのカテゴリー一覧ページでカテゴリー名とスラッグを取得する → get_queried_object()

やりたいこと カテゴリー一覧ページで、そのカテゴリー一覧ページに属する記事一覧を取得するためにループさせるのとは別に、タイトルやカテゴリー別にデザインを変・・・

WordPress

管理画面のカスタム投稿一覧で並び順を変更する

WordPressの管理画面。「投稿」や「固定ページ」の一覧は、公開日順に並んでいる。ところが、カスタム投稿を追加した場合、公開順ではなく名前順に並んでいること・・・

WordPress

WEB制作マークアップライブラリスマートフォンでも使えるフォトスライド | シンプルシンプルデザイン