php

Amazon Product Advertising API(署名入り)をアフィリエイトとして使う

AmazonのProduct Advertising APIをアフィリエイトとして使おうと試みて、その概要をつかむまで2,3日かかってしまった。まず、アカウント取得につまずき、リクエストの作り方につまずいた。
そんな中、ネット上でこの記事を見つけたときは飛び上がった。
これだっ!
Amazon Product Advertising API への対応(PHP版) - もやし日記

いやぁ、これがなかったら、Product Advertising API、使えてないです(感謝!)。
というわけで実装準備までの手順の備忘録。

必要なこと

まず、これはphpを利用しています。phpが使える環境であることが前提です。

  • Amazon アソシエイトへの登録
  • Amazon Product Advertising APIへの登録
  • リクエスト作成用のphpファイルを用意

Amazon アソシエイトへの登録

アフィリエイト用のIDを取得する。
Amazon アソシエイト (アフィリエイト)

申請後、審査があり(審査には2、3日かかるとのこと)、審査が通るとIDが発行されたメールが届く。
ちなみに、サイトの完成前に申請しても許可されないので注意。実際、プレオープン時に申請したら「完成してないとNG」というメールが来てしまいました・・・。

Amazon Product Advertising APIへの登録

元データ。これを使って情報や見栄えをカスタマイズするわけだが、そのIDとキーを取得する。
Product Advertising API内の「アカウント作成」をクリック。
ちなみに、

  • 先に取得したアフィリエイト用のIDとProduct Advertising API用のIDは別物です。そのため、Product Advertising API用のIDを新規で作成する必要があります。
  • Amazon アソシエイトとAmazon Product Advertising APIを紐付けするために、同メールアドレスで登録する必要がある。

この2点が要注意です。

リクエスト作成用のphpファイルを用意

Amazon Product Advertising API への対応(PHP版) - もやし日記から抜粋(ちょっとだけ改変)

<?php

//amazon Product Advertising API

// アカウント情報
$access_key_id = 'Product Advertising APIで取得した20文字のID';
$secret_access_key = 'Product Advertising APIで取得した40文字のID';
$associate_tag = 'xxxxxxxxx'; //アフィリエイト用のID

// RFC3986 形式で URL エンコードする関数
function urlencode_rfc3986($str){return str_replace('%7E', '~', rawurlencode($str));}

// リクエスト定義(固定)
$baseurl = 'http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml';
$params = array();
$params['Service'] = 'AWSECommerceService';
$params['AWSAccessKeyId'] = $access_key_id;
$params['AssociateTag'] = $associate_tag;
$params['Version'] = '2010-09-01';

// リクエスト定義(任意)

$params['Operation'] = 'ItemLookup';
$params['ResponseGroup'] = 'Large';
$params['ItemId'] = 'B0002IVURC';

// Timestamp パラメータを追加 - 時間の表記は ISO8601 形式、タイムゾーンは UTC(GMT)
$params['Timestamp'] = gmdate('Y-m-d\TH:i:s\Z');

// パラメータ並び替え - 昇順
ksort($params);

// canonical string 作成
$canonical_string = '';
foreach ($params as $k => $v) {
$canonical_string .= '&'.urlencode_rfc3986($k).'='.urlencode_rfc3986($v);
}
$canonical_string = substr($canonical_string, 1);

// 署名作成 - 規定の文字列フォーマットを作成 - HMAC-SHA256 を計算 - BASE64 エンコード
$parsed_url = parse_url($baseurl);
$string_to_sign = "GET\n{$parsed_url['host']}\n{$parsed_url['path']}\n{$canonical_string}";
$signature = base64_encode(hash_hmac('sha256', $string_to_sign, $secret_access_key, true));

// URL作成 - リクエストの末尾に署名を追加
$url = $baseurl.'?'.$canonical_string.'&Signature='.urlencode_rfc3986($signature);

「$url」に渡されているURLを直たたきして、正しくデータが返っていれば成功です!あとは煮るなり焼くなりですね。

ちなみに、最新のProduct Advertising APIのバージョン(API$params['Version'])、
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/G/09/associates/paapi/dg/index.html の左上に記述してある。

リクエスト定義(任意)は、取得したい情報のリクエストパラメータを設定する。
API リファレンス参照

IDとキーはどこ?

http://aws.amazon.com/ にアクセスし、右上ナビ「アカウント」をクリック、「セキュリティ証明書」を選択(ログイン前であればログイン)することで確認できます(下図参照)。

セキュリティ証明書のキャプチャ

2015年10月2日追記

Product Advertising API をSSLで利用する場合

「https://」から始まるサイトでAPIを使う場合は、上記サンプルのbaseurlを下記に変更します。

$baseurl = 'http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml';

$baseurl = 'https://sha256.webservices.amazon.co.jp/onca/xml';

と変更するだけ。

最近の記事

ES6(ES2015)の主な変更点

オブジェクト指向 クラス定義 JavaScriptは厳密にはクラスがない、プロトタイプベースのオブジェクト指向言語。ES6でclass構文が導入さ・・・

JavaScript

JavaScriptスタイルガイド

書籍「メンテナブルJavaScript」と Google JavaScript Style Guide 和訳 を参考に自分なりのJavaScriptスタイルガ・・・

JavaScript

投稿を公開したときに指定したページにアクセスする

この記事では「管理画面で投稿やカスタム投稿の公開ステータスを更新したときに何かしらの処理をする」方法の備忘録です。 functions.php を修正し・・・

WordPress

ローカルフォントをWebフォント指定する

Google Fonts はとても便利だが、適用するまでの遅延が気になったので、同様の効果をローカルにあるフォントを利用して実現させる。 事前に用意する・・・

CSS

[ソフト] Web font用のwoff、woff2にフォントを変換する無料サービス

WOFFコンバータ ダウンロードhttps://opentype.jp/woffconv.htm 以下、リンク先の「概要」を抜粋。 フォント・・・

CSS

JSON

JSON.parse() 配列とオブジェクトのリテラル記法を組み合わせた文字列をデータとして取り扱えるようにする。 // JSONデータ let ・・・

JavaScript

いろいろな判定

真の場合。偽の場合は、!== を使う。 プリミティブ値の判定 文字列の判定 if (typeof a === 'string') {} ・・・

JavaScript

Custom Post Type UI で 投稿画面にタクソノミー が表示されなくなった場合 → REST API

数ヶ月前、WordPress本体をバージョンアップして、エディタがガラリと変わった。その際、それまでサイドナビに、Custom Post Type UI(CP・・・

WordPress

なるほどデザイン

書籍「なるほどデザイン」を読んだときにメモしたノートが出てきた。3, 4年前に読んだ本。テキストのみで備忘録として残しておくが実際はイラストと合わせ・・・

デザイン

グーグルの考えるデザインガイドライン

使えるデザインになっている?→ デザインは正しいインプットによって、人の暮らしや夢を助けるツールサクサクと動く、機能するデザインになっている?→ デザインが機・・・

デザイン

人気の記事

overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更する → scrollTop scrollLeft

まずはサンプル。 これは、overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更するサンプルです。 これは、overflowをautoにした要素のスクロ・・・

JavaScript

iframeの高さを自動調整する

iframeで呼び出した際、iframe自体はスクロールさせずに高さを取得してiframe全体を表示させます。 サンプル:iframeの高さを自動調整するデモ・・・

JavaScript

WP_Queryを使って絞り込み検索するのにコレは便利!

めっちゃ参考になるページを見つけた。 絞り込みをするたびに色々ググっていたが、これがあればほとんどのことが解決できそうな気がする。 参考: これは便利!Word・・・

WordPress

http://localhost:8888/ → http://localhost/

http://localhost:8888/ での参照ではなく、http://localhost/ で参照できるようにします。 MAMPの設定を変更する M・・・

MAMP

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

【2020年07月13日】 macOS Catalina(10.15.5) / Adobe iLLustrator 2020(24.2.1) にて動作確認済・・・

Illustorator

背景画像の拡大・縮小 → background-size !

W3Cで「モジュール背景とボーダー」について2011年2月15日付けで更新されてますね。 CSS3では、背景画像の幅・高さを拡大・縮小するプロパティが追加され・・・

CSS

アーカイブページでカスタムフィールドやタクソノミーで絞り込みした状態でリスト表示する

<?php $args = array( 'paged' => 1, 'posts_per_page' => 20, 'post・・・

WordPress

Advanced Custom Fields を使った条件分岐(セレクトボックス、チェックボックス、ラジオボタン、真偽)のテンプレート記述方法

前回、「入力フォームを自由にカスタマイズできる「Advanced Custom Fields」」で基本的なフィールド名を出力方法を紹介したが、今度は条件分岐に関・・・

WordPress

WordPressのカテゴリー一覧ページでカテゴリー名とスラッグを取得する → get_queried_object()

やりたいこと カテゴリー一覧ページで、そのカテゴリー一覧ページに属する記事一覧を取得するためにループさせるのとは別に、タイトルやカテゴリー別にデザインを変・・・

WordPress

カウントアップ、カウントダウンするJavaScript

ポイントを使ったり、増やしたりしたときに、結果のポイント数に差し替えるのではなくて、カウントアップしたり、カウントダウンして動的に動かそうと思って作ってみた。・・・

JavaScript

WEB制作マークアップphpAmazon Product Advertising API(署名入り)をアフィリエイトとして使う | シンプルシンプルデザイン